実写『耳をすませば』天沢聖司の中学生時代演じる中川翼に注目

1989年に少女まんが雑誌「りぼん」で連載された不朽の名作を、松坂桃李×清野菜名のW主演、山田裕貴、内田理央らの共演で実写化した『耳をすませば』。この度、松坂さん扮する天沢聖司の中学生時代を演じた中川翼の場面写真が解禁となった。

映画 邦画ニュース
『耳をすませば』(C)柊あおい/集英社(C)2022『耳をすませば』製作委員会
  • 『耳をすませば』(C)柊あおい/集英社(C)2022『耳をすませば』製作委員会
  • 『耳をすませば』(C)柊あおい/集英社(C)2022『耳をすませば』製作委員会
  • 『耳をすませば』(C)柊あおい/集英社(C)2022『耳をすませば』製作委員会
  • 『耳をすませば』(C)柊あおい/集英社(C)2022『耳をすませば』製作委員会

1989年に少女まんが雑誌「りぼん」で連載された不朽の名作を、松坂桃李×清野菜名のW主演、山田裕貴、内田理央らの共演で実写化した『耳をすませば』。この度、松坂さん扮する天沢聖司の中学生時代を演じた中川翼の場面写真が解禁となった。


>>『耳をすませば』あらすじ&キャストはこちら

中川さんは4歳から芸能界入りし、子役としての俳優のキャリアは10年以上に及び、現在16歳ながら注目必至の若手俳優だ。これまでに『ヒロイン失格』や『僕だけがいない街』などの映画作品や、TVドラマ「わたしを離さないで」など幅広く映画やドラマに出演し、妻夫木聡や藤原竜也などの幼少期も演じてきた。

昨年には『光を追いかけて』で初主演を務め、今年は大河ドラマ「鎌倉殿の13人」への出演を果たすなど、俳優としての躍進が止まらない。本作では、松坂さんが演じる天沢聖司の中学生時代に抜擢された中川さん。大人になった天沢聖司の面影を強く感じさせながらも、原作で描かれた爽やかで真っ直ぐな天沢聖司という役どころを大切に演じている。

原作ファンも多い本作で「聖司くんを演じるのがすごく難しくて、感情の行き場所がちょっと迷子になりつつも、最後まで頑張りました」とふり返り、周りから「聖司くんは格好いい、王子様みたいなキャラだよと言われて、プレッシャーを感じた」と話すが、堂々としている姿を意識して最後までやり通したと語っている。

解禁された場面写真からは、高台で安原琉那演じる月島雫に笑顔で語りかける様子や、音を確かめるようにチェロを演奏する姿、図書館で雫の対面に座り、本を読む雫の様子を気にかける姿が写し出されている。

清野さんと松坂さんが演じる大人になった雫と聖司の物語はもちろん、2人の出会いを描いた中学生時代にぎゅっと詰まった青春物語にも注目だ。

『耳をすませば』は10月14日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top