実写『耳をすませば』雫と地球屋をつなぐ“猫のムーン”の場面写真公開

実写映画『耳をすませば』より、猫・ムーンの場面写真が公開された。

映画 邦画ニュース
『耳をすませば』(C)柊あおい/集英社(C)2022『耳をすませば』製作委員会
  • 『耳をすませば』(C)柊あおい/集英社(C)2022『耳をすませば』製作委員会
  • 『耳をすませば』(C)柊あおい/集英社(C)2022『耳をすませば』製作委員会
  • 『耳をすませば』(C)柊あおい/集英社(C)2022『耳をすませば』製作委員会
  • 『耳をすませば』(C)柊あおい/集英社(C)2022『耳をすませば』製作委員会
  • 『耳をすませば』(C)柊あおい/集英社(C)2022『耳をすませば』製作委員会
  • 『耳をすませば』(C)柊あおい/集英社(C)2022『耳をすませば』製作委員会

月島雫を清野菜名、天沢聖司を松坂桃李が演じる実写映画『耳をすませば』より、猫・ムーンの場面写真が公開された。


>>『耳をすませば』あらすじ&キャストはこちらから

読書が大好きな中学生の雫(安原琉那)は、父が忘れたお弁当を届けるために乗った電車内で猫のムーンと出会う。ムーンに導かれるように「地球屋」にやってきた雫は、そこで人生を変える体験をすることに。

今回公開された場面写真では、雫を誘うように歩を進めたり、カゴの中でひと休みしたりと、愛らしい姿や何かを悟っているような落ち着いた表情を見せている。

そんなムーンを演じたのは、『コーヒーが冷めないうちに』(’19)、『ねことじいちゃん』(’19)などに出演したタレントねこ・ぽんず。オーディション参加時には、10匹以上の猫の中で唯一完璧に演技をこなし、天才猫ぶりを披露したそう。

また、安原さんは、ぽんずに慣れるためにカメラが回っていない時間も、ぽんずと過ごすことが多かったという。

『耳をすませば』は10月14日(金)より全国にて公開。


耳をすませば [Blu-ray]
¥5,218
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top