四万十川のほとり、母と子の物語紡ぐ『はだかのゆめ』青木柚らキャストよりコメント

四万十川のほとりを舞台に、映画作家であり「Bialystocks(ビアリストックス)」として音楽活動もしている甫木元空が監督を務める最新作『はだかのゆめ』が、11月25日(金)より全国にて順次公開。本作から場面写真が解禁され、キャストによるコメントも到着した。

映画 邦画ニュース
『はだかのゆめ』青木柚(C)PONY CANYON
  • 『はだかのゆめ』青木柚(C)PONY CANYON
  • 『はだかのゆめ』唯野未歩子(C)PONY CANYON
  • 『はだかのゆめ』前野健太(C)PONY CANYON
  • 『はだかのゆめ』甫木元尊英(C)PONY CANYON
  • 『はだかのゆめ』(C)PONY CANYON

四万十川のほとりを舞台に、映画作家であり「Bialystocks(ビアリストックス)」として音楽活動もしている甫木元空が監督を務める最新作『はだかのゆめ』が、11月25日(金)より全国にて順次公開。本作から場面写真が解禁され、キャストによるコメントも到着した。


>>『はだかのゆめ』あらすじ&キャストはこちらから


四国山脈に囲まれた高知県。四万十川のほとりに暮らす一家の人々。祖父の住む家で、余命を送る決意をした母、それに寄り添う息子ノロ。お盆にも遅れたノロは、近づく母の死を受け入れられず徘徊している――。

青山真治監督によるプロデュース作『はるねこ』で長編映画デビューした甫木元監督による最新作は、自身のルーツのある高知県を舞台にした劇映画。5年前から高知県に移住し、祖父と暮らす監督自身の現在を半ば投影しながら、息子を思う母、母を思う息子がお互いの距離を測り直していく、母と子の生と死の物語。

前作『はるねこ』の生演奏上映をきっかけに結成された甫木元監督自身のバンド「Bialystocks」が音楽も手掛けている。

主演には昨年公開の映画『うみべの女の子』やNHKドラマ「きれいのくに」、NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」など話題作への出演が相次ぐ青木柚。さらに、俳優のみならず監督、小説家でもある唯野未歩子、シンガーソングライターで俳優としても活躍している前野健太が出演。さらに、甫木元監督の実の祖父である甫木元尊英も出演している。


キャストコメント


・青木柚(ノロ役)

初めてこの物語を読んだ時、いわゆるストーリーが描かれた台本というよりは、景色や匂い、音、時の流れがそのまま染み込んでいる本という印象でした。読めば読むほどその不思議な読後感に魅了される一方で、ノロを演じる上での手がかりをうまく掴めず、撮影前日まで当惑している自分もいました。ですが四万十を訪れた瞬間に、甫木元監督が大事にしているもの、したいもの、ノロや母たちの想いなどが、自分の身体の中でみるみる結びついていき、はじめてこの物語の輪郭に触れられた感覚がありました。完成した作品を観て、人が人を一心に想うことや、その土地でしか生まれない時間に溢れた作品は、きっと多くの揺らぐ心の拠り所になるのではないかなと思いました。ぜひ劇場でご覧ください。

・唯野未歩子(母役)

私の役は「息子を失った母親」でした。息子を失った母親は、老いた父親と暮らしていますが、自らも病に冒され、じきに訪れる死をみすえながらも、息子への思いを胸に抱きしめ『いま』という時間にじっと立ち尽くしている。大切な誰かを失ったときのこと、そのあとに残るぬくもりーー心にともる灯火のようなものが、淡くはかなくうつくしい高知の風景と、いきいきと生命力にみちた音の滴りに導かれ、この映画に、はっきりと映しだされているようにかんじました。若くゆたかな才能あふれる監督・スタッフと、素晴らしい音楽をかなでたビアリストックスに、拍手!! です!!!!

・前野健太(おんちゃん役)

脚本を読み終わり、タイトルを見て、思ったのは、自分が産まれた時のことでした。
むろん、覚えているわけはないのですが、想像しました。
「はだか」のはじまりを。はじまりの「はだか」を。
それからビアリストックスの音楽を聴いて、打ち震えました。
脚本は時間をかけてじわっと熱を帯びていく歌心で、
バンドの音楽は、短い時間の中で一瞬にして花を咲かせる歌心でしょうか。
これがひとつの映画の中で共宴するわけですから、楽しみでなりません。
もちろん四万十の風景が、ただでは終わらせないでしょう。
甫木元監督との出会いは、私にとって、突然吹いた強風のようでした。

・甫木元尊英(じい役)

五年前に娘と孫二人が帰郷した。年老いた父親のめんどうをみるためであった。
しばらく四人で楽しい日々を過ごしていたが、娘が病魔におそわれ、通院、入院を繰り返し、一年前に帰らぬ人となってしまった。そのつらい思い、また懐かしい思いを映画『はだかのゆめ』に残そうとしたのではないだろうか。また母が育った里。すばらしい自然(山、川、田、畑)。周囲の人々の心のあたたかさを作品に残したかったのではないだろうか。
天国の娘も満面の笑顔で喜んでいるだろう。

『はだかのゆめ』は11月25日(金)より渋谷シネクイントほか全国にて順次公開。


その次の季節 高知県被曝者の肖像
¥2,970
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
Amazonギフト券(封筒タイプ) - スタンダード(金額自由設定)
¥5,000
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top