沢村一樹「みどころはラストシーン」「世にも奇妙な物語」21年ぶりの出演

“特別編”という形で年に2度放送を続けてきたシリーズの最新作「世にも奇妙な物語’22 秋の特別編」にて、沢村一樹が主演する物語の放送が決定した。

最新ニュース スクープ
「世にも奇妙な物語’22 秋の特別編」©フジテレビ
  • 「世にも奇妙な物語’22 秋の特別編」©フジテレビ
  • 「世にも奇妙な物語’22 秋の特別編」©フジテレビ
  • 「世にも奇妙な物語’22 秋の特別編」©フジテレビ

“特別編”という形で年に2度放送を続けてきたシリーズの最新作「世にも奇妙な物語’22 秋の特別編」にて、沢村一樹が主演する物語の放送が決定した。

今回も珠玉の4つの奇妙なオムニバスドラマを放送。その1つ、沢村さんが主演するのは、親子の物語「わが様」。家庭を顧みずに仕事を最優先に働くデザイン会社社長・友枝秋斗を演じ、母親の訃報を知り、妻と息子と3人で実家に帰省すると、蔵で6歳ぐらいの少年“わが様”に出会う…。

同シリーズに出演するのは、2001年の「心臓の想い出」以来3回目、21年ぶり。「怖いというよりは奇妙な感じがすごく強くあったので、ぜひやってみたいと思いました。また、今作は親子の話になるので、若い時とは違う芝居ができるなと思いました」と出演決定時をふり返り、「最初はなんとなくつかみどころのない不思議な話だなと思いましたが、何回も読んでいくうちに、僕自身、結婚して父親になってという過程の中で似たような経験があり、秋斗の気持ちがわかる瞬間がすごくあって自然と感情移入ができました」と脚本の印象を明かす。

また「みどころはラストシーンです!ラストが決まればこの作品は全部成功したと思っています。それぞれの立場で、それぞれの人たちが答えを見つける作品になっています。ぜひ、自分に当てはめて見ていただけるとうれしいです!」と視聴者へメッセージを寄せた。

▼「わが様」あらすじ
家庭を顧みずに仕事を最優先に働くデザイン会社の社長・友枝秋斗(沢村一樹)。ある日、母親の訃報を知った秋斗は妻の真美(荻野友里)と息子の隼斗(山田暖絆)と3人で実家に帰省する。

実家にある大きな蔵が気になった秋斗は、その蔵に入ってみると、薄暗い一角の畳の上に6歳ぐらいの少年・“わが様”(佐藤遙灯)の姿が。幼少期、母に「わが様のほしいものをあげることができれば、願いを叶(かな)えてもらえる」という言葉を思い出した秋斗は子どもが好きそうなものを次々と差し出すのだが――。

土曜プレミアム「世にも奇妙な物語’22 秋の特別編」は11月12日(土)21時~フジテレビにて放送。


TVガイド関東版 2022年11月18日号
¥470
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
月刊TVガイド関東版 2022年12月号
¥480
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top