ドウェイン・ジョンソン「完全にブラックアダムになれた」最“恐”ボディの秘訣は徹底した食事管理

『ブラックアダム』で“規格外”のパワーを備えた破壊神・ブラックアダムを演じるため、ドウェイン・ジョンソンが6か月にも及ぶ肉体作りを実施、「徹底的に食事を管理している」と明かした。

映画 洋画ニュース
『ブラックアダム』(c)2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM &(c)DC Comics
  • 『ブラックアダム』(c)2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM &(c)DC Comics
  • 『ブラックアダム』(c)2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM &(c)DC Comics
  • 『ブラックアダム』(c)2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM &(c)DC Comics
  • 『ブラックアダム』(c)2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM &(c)DC Comics
  • 『ブラックアダム』本ポスター(c)2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM &(c)DC Comics

数々のアクション大作で主演を務めてきたドウェイン・ジョンソンの最新作は、映画史を揺るがす、世界を救わない最“恐”のアンチヒーローが大暴れする『ブラックアダム』。本作で“規格外”のパワーを備えた破壊神・ブラックアダムを演じるべく、キレキレボディをさらに“最強ボディ”にするため、6か月にも及ぶ肉体作りを実施、「最強のアクションシーンを撮影するために、徹底的に食事を管理している」と明かした。


>>『ブラックアダム』あらすじ&キャストはこちらから

プロレスラー出身で、ハリウッドが誇る強靭マッチョ俳優として知られるドウェイン。今回は特に、地球上最強で規格外のパワーを誇るブラックアダム役を演じるために、撮影の半年以上前から細かな筋トレスケジュール、撤退した食事制限を計画。脂肪をなるべく摂取せずタンパク質を摂るため、ブロッコリーとヒレ肉とパイナップルを乗せた玄米ご飯を食べるなど、最“恐”のヒーローボディを手に入れるためにとにかく身体作りに励んだという。

撮影が終盤に差し掛かると、壮絶なアクションシーンのために厳しい食事制限に加え、水分摂取量もコントロール。体内の水分を最大限減らすことによって、顔や体の血管や筋肉がさらにパンパンに見えるよう管理したという。これまでも肉体作りは行っていたドウェインだが、本作ほど過酷な体験は初めてだったようで、「ブラックアダムの肉体を作り上げるために行ったトレーニングは、これまでの人生の中で最も過酷なものだった」と告白する。

そうして作り上げた最強ボディで撮影に臨んだドウェインは、初めてブラックアダムのコスチュームを着たときの心境を「撮影初日にスーツを着たときのことは鮮明に覚えている。いよいよ撮影が始まる時に、全身からパワーがみなぎってきたよ。その瞬間、これまでやってきたことは間違いじゃなかった、完全にブラックアダムになれたんだと実感したよ」とふり返る。


「リアルにスーパーヒーローの体格を作った」衣装デザイナーもびっくり


さらに、『デッドプール2』などのヒーロー作品に携わる衣装デザイナーのカート・スワンソンは「リアルにスーパーヒーローの体格を作った人を初めて見た。ドウェイン以外に、ヒーローの身体を再現する人なんてこの世に存在しないよ。衣装を作る際には、ドウェインが作り上げた見事な体の曲線が見えるようにいかに素材を薄く保つかということが重要だった」と、彼の完璧な肉体をより際立たせるためにスーツの素材をできるだけ薄くしていたことを明かしている。

本作では、5000年の眠りから覚めたブラックアダムが、邪魔者全員を制圧し、戦闘機でもお構いなしにぶっ壊す“規格外のパワー”を振りかざし大暴れ。そんなルール無用のブラックアダムの前に、彼を危険視するJSAが立ちはだかり、世界を全く救わないアンチヒーロースーパーヒーローチームが激突する。正義感あふれるキャラクターや愛嬌ある役どころも得意とするドウェインの新境地と、ジャンル映画で気を吐く鬼才ジャウマ・コレット=サラ監督との最強タッグがDCユニバースに旋風を巻き起こす。

『ブラックアダム』は12月2日(金)より全国にて公開。


《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top