フェイク映像がリアルタイムで拡散…「ザ・キャプチャー 歪められた真実2」1月配信 予告編解禁

監視とディープフェイクに翻弄される社会を描いたイギリスBBCの大ヒット犯罪サスペンスドラマの続編「ザ・キャプチャー 歪められた真実2」が、2023年1月12日(木)より独占日本初配信。「見ているものは偽り」なのか、緊張感・恐怖感が漂う予告映像が解禁された。

海外ドラマ スクープ
「ザ・キャプチャー 歪められた真実2」 © HEYDAY TELEVISION LIMITED MMXXII.
  • 「ザ・キャプチャー 歪められた真実2」 © HEYDAY TELEVISION LIMITED MMXXII.
  • 「ザ・キャプチャー 歪められた真実2」 © HEYDAY TELEVISION LIMITED MMXXII.
  • 「ザ・キャプチャー 歪められた真実2」 © HEYDAY TELEVISION LIMITED MMXXII.
  • 「ザ・キャプチャー 歪められた真実2」 © HEYDAY TELEVISION LIMITED MMXXII.
  • 「ザ・キャプチャー 歪められた真実2」 © HEYDAY TELEVISION LIMITED MMXXII.
  • 「ザ・キャプチャー 歪められた真実2」 © HEYDAY TELEVISION LIMITED MMXXII.
  • 「ザ・キャプチャー 歪められた真実2」 © HEYDAY TELEVISION LIMITED MMXXII.
  • 「ザ・キャプチャー 歪められた真実2」 © HEYDAY TELEVISION LIMITED MMXXII.

監視とディープフェイクに翻弄される社会を描いたイギリスBBCの大ヒット犯罪サスペンスドラマの続編「ザ・キャプチャー 歪められた真実2」が、2023年1月12日(木)より独占日本初配信。「見ているものは偽り」なのか、緊張感・恐怖感が漂う予告映像が解禁された。

監視カメラに翻弄される現代社会の恐怖をスリリングに描いたシーズン1から6か月後のロンドンを舞台に、TVニュースのハッキング、メディアによる情報操作、政治の干渉に包囲された社会で、ディープフェイクに翻弄される恐怖を描く本作。

主人公レイチェル・ケアリー警部役のホリデイ・グレインジャーや、CIAのフランク・ネイピア役ロン・パールマンら前シーズンの実力派キャストが続投、A24作品『MEN同じ顔の男たち』に出演するなど若手英国人俳優として期待を集めるパーパ・エッシードゥが物語のキーパーソンとなる、次期首相候補とされる野心溢れる議員アイザック・ターナー役を演じている。

米レビューサイト「Rotten Tomatoes」で高評価を獲得したシーズン1。シーズン2ではさらにその評価が上昇し、批評家票は100%フレッシュを獲得するなど、驚異の高評価を得ている(11月10日現在)。

この度解禁された予告編では、ケアリー警部の「全て監視されている」という声と、ターナー安全保障担当大臣の「発言を改ざんされた」という緊迫感あふれる声が飛び交う。

映像情報に依存する現代社会に、巧妙な “フェイク”がマスメディアやインターネットを通じて拡散されたとき、人々はどう反応するのか。「百聞は一見にしかず」か、「見ているものは偽り」か、緊迫の最新シーズンが幕を開ける。


BBCの2019年大ヒット作、待望のシーズン2が日本初上陸


2019年9月に英BBC Oneで放送され、シーズン通算の平均視聴者数770万人(全デバイス計)を記録した、大ヒット犯罪サスペンスのシーズン2。監視カメラに翻弄される現代社会の恐怖をスリリングに描いたシーズン1から6か月後のロンドンを舞台に、身近な同僚さえも信頼できない状況に置かれた主人公レイチェル・ケアリー警部が“見えない”暗殺者との闘いを繰り広げる。シーズン1よりさらにヒートアップしたストーリー展開で、見る者を興奮の渦に巻き込んでいく。


いま注目の英国俳優パーパ・エッシードゥが参加


主人公レイチェル・ケアリー警部を演じる「私立探偵ストライク」のホリデイ・グレインジャー、ロンドン警視庁テロ対策指令部 (SO15)のベン・マイルズ(「キャシアン・アンドー」)、リア・ウィリアムズ(「ザ・クラウン」)に加え、シーズン2で新たな標的となる若手議員を演じたのはBBC/HBOシリーズ「I May Destroy You」(原題)でBAFTA賞やエミー賞にノミネートされ、最近では 『MEN 同じ顔の男たち』への出演が話題となっているパーパ・エッシードゥ。そのカリスマ性のある存在感でストーリーのキーパーソンとなる野心溢れる政治家を好演。

さらに、「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズのインディラ・バルマがBBCのニュースキャスター、『ジュディ 虹の彼方に』のアンディ・ナイマンが内務大臣、「キング・オブ・メディア」のロブ・ヤンが中国AI企業のCEOを演じるなど、曲者揃いのキャスト陣から目が離せない。


ディープフェイク技術の台頭、メディアの中枢に潜む腐敗を描く


シーズン1に引き続き、企画・脚本・製作総指揮を務めるのは、ドキュメンタリー作家としても知られ、サイバー犯罪ものや刑事ものに定評があるベン・チャナン。シーズン1で監視カメラに翻弄される現代社会の恐怖にスポットライトを当てたチャナンは、シーズン2 ではディープフェイク映像に注目。

実はシーズン2に登場するようなリアルタイム・ディープフェイクの技術はまだ(見える範囲では)存在しないものの、現在のディープフェイク技術だけでも数多くの金融詐欺事件が起きており、チャナンはフィクションだったはずのストーリーが事実になって しまっていないか、常にニュースをチェックしているという。日本でも問題視されているように、本作で語られる恐怖と警鐘は決して遠い未来の話ではない。

「ザ・キャプチャー 歪められた真実2」は2023年1月12日より毎週木曜1話ずつ更新、Amazon Prime Video「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」にて配信。3月、「BS10スターチャンネル」にて放送開始予定(全8話)。


Amazon Prime Video公式サイトはこちら
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top