実写版『トムとジェリー』地上波初放送!トムとジェリーがNYで奇跡を起こす!?

名作アニメを初実写映画化した『トムとジェリー』が2月10日(金)の金曜ロードショーにて放送されることが決定した。

最新ニュース スクープ
『トムとジェリー』© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『トムとジェリー』© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『トムとジェリー』© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『トムとジェリー』© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『トムとジェリー』© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『トムとジェリー』© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『トムとジェリー』© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved
  • 『トムとジェリー』© 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

名作アニメを初実写映画化した『トムとジェリー』が2月10日(金)の金曜ロードショーにて放送されることが決定した。


>>『トムとジェリー』あらすじ&キャストはこちら

放送日の2月10日は、1940年に「トムとジェリー」が初めて登場した、第1作となる短編作品『上には上がある』(原題:Puss Gets The Boot)が劇場公開された記念日で、「トムとジェリーの誕生日」として制定されている。

多才だけどお調子者でドジなネコのトムと、外見は可愛いがずる賢くて容赦ないネズミのジェリーといった、生き生きとしたキャラクター性とコミカルなストーリーが魅力で、老若男女問わず世界中から愛されている。その作品性は高く評価され、第1作はアカデミー賞・短編アニメ賞にノミネートされ、それ以降の作品も計7回の短編アニメ賞に輝いた。

今回の実写版の見どころは、アニメと実写のハイブリッド。躍動感のあるアニメーションが、実写のN.Y.の街にうまく溶け込み、生き生きとした動きを見せる。先に撮影された実写シーンにアニメーションを合成する形で制作され、アニメーションチームは総勢29人。特にアニメーターたちは子どものころから「トムジェリシリーズ」に親しんでいたメンバーだそう。初代のアニメーターのギャグの間合いを研究しながら作成した原画は、実に合計2万5000点以上にも及ぶ。

また、メンバーの中には、以前にも『ロジャー・ラビット』や『SPACE JAM/スペース・ジャム』といったアニメーションと実写のハイブリッド映画を手掛けたアニメーターも参加している。

さらに、アニメーションのキャラクターに振り回される、クロエ・グレース・モレッツ演じるN.Y.での成功を夢見るヒロイン、ケイラ(声:水瀬いのり)や、問題を起こすジェリーと元気いっぱいのトムに翻弄されるマイケル・ペーニャ演じるテレンス(声:木村昴)ら、実写の俳優たちにも注目。

子どもはもちろん大人も楽しめる、ドキドキして笑えるコメディー映画となっている。

金曜ロードショー『トムとジェリー』は2月10日(金)21時~日本テレビにて放送。


「ワルツの王様」「おかしなアヒルの子」「透明ネズミ」
¥770
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top