木村拓哉「思い入れのある作品に」『レジェンド&バタフライ』ジャパンプレミア

『レジェンド&バタフライ』ジャパンプレミアが開催され、主演の木村拓哉をはじめ、綾瀬はるか、宮沢氷魚、市川染五郎、音尾琢真、伊藤英明、中谷美紀、大友啓史監督が参加。

最新ニュース レポート
『レジェンド&バタフライ』©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会
  • 『レジェンド&バタフライ』©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会
  • 『レジェンド&バタフライ』©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会
  • 『レジェンド&バタフライ』©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会
  • 『レジェンド&バタフライ』©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会
  • 『レジェンド&バタフライ』©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会
  • 『レジェンド&バタフライ』©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会
  • 『レジェンド&バタフライ』©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会
  • 『レジェンド&バタフライ』©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会

東映70周年記念作品として、日本映画史上最高峰のキャスト・スタッフが集結して製作された映画『レジェンド&バタフライ』。1月12日にジャパンプレミアが開催され、主演の木村拓哉をはじめ、綾瀬はるか、宮沢氷魚、市川染五郎、音尾琢真、伊藤英明、中谷美紀、大友啓史監督が参加した。


>>『レジェンド&バタフライ』あらすじ&キャストはこちらから

総製作費20億円の壮大なスケールで、誰もが知る日本史上の“レジェンド”織田信長と、謎に包まれたその正室・濃姫(別名“帰蝶”)の知られざる物語を描く本作。

イベントでは暗闇に包まれた会場から、スポットライトに照らされた木村さんと綾瀬さんがレッドカーペットの左右から登場。2人が出会うと、まるで信長と濃姫のように熱い眼差しを交わし合い、手を取りながら宮沢さん、市川さん、音尾さん、伊藤さん、中谷さん、大友監督が待ち構えるステージへ。総勢8名の超豪華キャスト・監督陣が勢揃いすると、会場からは大きな拍手が沸き上がった。

織田信長を演じた木村さんは「非常に感謝しています。凄く思い入れのある作品になりました。時代劇ではあるのですが、今の皆さんにも共通する普遍的なものが作品の中には描かれていると思います」と挨拶。その信長の妻・濃姫を演じた綾瀬さんは「キャストとスタッフの皆さんでしっかり思いを込めて丁寧に作った作品なので、是非多くの方に観て頂けると嬉しいです」とコメント。

濃姫の侍従・福富平太郎貞家を演じた伊藤さんは「現場で木村さんと一緒の時間を過ごして、そして映画のプロモーションでもご一緒させて頂いて感謝しています」と吐露。

同じく濃姫を支える筆頭侍女・各務野を演じた中谷さんは「壮大なスペクタクルととても深い人間ドラマを両立させることのできる稀有な存在である大友監督と、孤高の武士(もののふ)を演じた木村拓哉さん、女性の強さとしなやかさと可愛らしさのすべてを表現できる綾瀬はるかさんとご一緒させて頂けることは、宝物の日々でした。我らが殿と私の愛する姫の切ないラブストーリーを是非お楽しみくださいませ」とコメントした。

さらに信長の家臣・木下藤吉郎を演じた音尾さんは「木村さんが信長を演じる作品で、私秀吉ですか? いいんですか!? とオファーが来た時に二度見したのですけれども、この場に立ってみると本当だったんだなと。(笑)ついさっきまで家でお風呂掃除をしていたんですけど、まったく別次元の所に来てしまいました。この場に連れてきてくれた信長さまに感謝しております」とユーモアを交えて挨拶。

そして大友監督は、「自信作です!とんでもない数のスタッフが自分たちの魂を込めて、丁寧に仕事をしてくれた結果がこの映画になっています。この大画面で浴びるように音と映像を堪能し、感動を皆さんに持ち帰って頂けたら嬉しいです」と喜び交じりにコメントした。


綾瀬はるか、「織田信長に負けないくらいの強いパワー」が必要だった


昨年1月に撮影を終えてから1年、ついにプレミアの日を迎えたことに木村さんは、「監督をはじめ、製作の皆さん、キャストの皆さんが作った作品が今日をもって自分たちの手元を離れる日なので、作品を見送る気分でいます。今日からみなさんが愛してくれればうれしいなと思います」と観客へメッセージ。

綾瀬さんは、史実に痕跡の少ない濃姫という役柄をどのように演じ、どのように信長に寄り添ったかを聞かれ、「武道や芸事や茶道、何にしても長けているとても聡明な女性なので、木村さん演じる織田信長に負けないくらいの強いパワーで立ち向かわなければいけないと思い臨みました」とふり返る。

そんな濃姫を演じた綾瀬さんについて木村さんは、「濃姫に関する資料が数少ない中で、濃姫という存在を構築していかなければいけない。その中で綾瀬はるかさんが濃姫という役を具現的に表現してくれていたので、凄く組み立てやすかったです。そして大友監督が、常に僕ら出演者がやりたいことを見ていてくださるので、その場で生まれた感情を一粒残らずカメラに納めてくださったなという印象があります」と応じた。


中谷美紀、木村拓哉の“信長”は「殺気出してました」


また、貞家と各務野、それぞれの立場から濃姫と信長を見守る存在であった伊藤さんと中谷さん。木村さん、綾瀬さんとの共演の感想を聞かれると、「濃姫というと天真爛漫で家族を愛し義理堅く、だけど蝶のように自由で可憐な印象があるのですが、それが綾瀬さんにぴったりでした。そして現場にいる木村さんは信長そのもので、その場を支配するリードする力が凄まじかったです」と熱く答える伊藤さん。

中谷さんは「皆さんご存じだと思うのですが、木村拓哉さんはユーモアあふれる楽しい方なんです。でも現場に参りますと…両国で相撲を見たことある方は分かると思うのですが、勝つ方って大抵アドレナリンが放出されていて物凄く殺気立っているんですね。その力士の横綱のようなアドレナリンが殿から放出されていて、普段は楽しい方なのですが現場に入ると怖くて誰も近寄れない。血生臭い香りが漂ってくるんです。綾瀬さんですら『殿が怖い』というくらい殺気出してました」と現場をふり返った。


宮沢氷魚「意識的に新しい明智を作りたい」役作り明かす


そして明智光秀という、信長の物語には欠かせない重要人物を演じることになった宮沢さんは、「とにかく光秀は頭が良くて誰よりも信長に対する愛情や憧れがあって、それは常に持ちつつ、自分にしかできない明智を作りたいと思ったときに、自分の持つミステリアスさだったりアンニュイな部分を役と融合できたらいいなと、意識的に新しい明智を作りたいと思い臨みました」と答えた。

時代劇映画初出演となる染五郎さんは、森蘭丸として信長である木村さんとの共演シーンも多かったが、「一番最初に撮影したシーンが、殿から蘭丸がつき倒されるシーンだったのですが、その時に木村さんの後ろに炎が見えました。それが初めての撮影というのもあってやはりすごいなと思いました。そして信長が魔王になっていく感じを目の前で体感出来てとても貴重な時間でした」と、圧倒された木村さんの印象について答えた。

さらに、本作への想いについて聞かれた大友監督は、「皆さんを戦国時代にお連れしたいです。大画面で見て頂くことは特別なことだと思っています」とコメント。「この映画を通して戦国の時代を感じながら、今の時代とで重なり合っていく部分があると思います。そして、大画面で見る幸せを、臨場感を感じて頂きたいと思います」と語った。


「濃姫は、信長以上にこの物語を動かす力を持っている」


綾瀬さんは本作について、「どんな人も一人では生きられず、様々な人に支え支えられ世の中が成り立っている。信長には信長を支えている濃姫がいて、濃姫もきっと支えられて…と、誰かを大事に思う存在があれば人ははとても強くなれるし頑張れ、自分には想像できないパワーが発揮できる。普遍的な愛はいつの時代も変わらずあるのかな、と思いました」とコメント。

中谷さんは、「濃姫はとても聡明で、嫁いでからは、実は信長よりも戦術に長けていたというのが今回の映画では描かれるんです。やはり女性の権利を巡って、様々な先人たちが戦ってきてくださったかと思いますが、この作品において濃姫は自分の意志を主張して、信長以上にこの物語を動かす力を持っていました」と、濃姫という女性について言及。

「とても強い濃姫を演じた綾瀬さんは、実は私の事を本当に侍女だと思ったようで…。少し顔をふくよかにした方が時代劇は綺麗に見えるので、よくお食事をご一緒して鴨川沿いを歩いていたのですが、『おねえちゃま、何かわたし鴨川で帽子を落としちゃったみたいなので、今度歩いて帰るときがあったら拾っといてください!』っておっしゃるんですね。わたくしも、わが姫の帽子は無いかなと一か月くらい毎日探して歩いていたのですが、ある日『おねえちゃま、なんかホテルの押し入れの中に入ってました』と。そんな綾瀬さんのギャップが大好きでした」と、作品の魅力と共に仲睦まじいトークを披露すると、会場は温かな空気に包まれていた。

『レジェンド&バタフライ』は1月27日(金)より全国にて公開。

《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top