※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

横浜流星&綾瀬はるか、報知映画賞で主演賞初受賞 『月』作品賞ほか3冠

第48回報知映画賞の各賞が決定。『ヴィレッジ』『春に散る』の演技が評価された横浜流星が、主演男優賞を初受賞。主演女優賞は『レジェンド&バタフライ』『リボルバー・リリー』の演技が評価された綾瀬はるかが初受賞。

映画 邦画ニュース
注目記事
『ヴィレッジ』(C)2023「ヴィレッジ」製作委員会
『ヴィレッジ』(C)2023「ヴィレッジ」製作委員会
  • 『ヴィレッジ』(C)2023「ヴィレッジ」製作委員会
  • 『春に散る』©2023 映画『春に散る』製作委員会
  • 『リボルバー・リリー』(C)2023「リボルバー・リリー」フィルムパートナーズ
  • 『レジェンド&バタフライ』©2023「THE LEGEND & BUTTERFLY」製作委員会
  • 『月』(C)2023『月』製作委員会
  • 『月』(C)2023『月』製作委員会
  • 『月』(C)2023『月』製作委員会
  • 『ゴジラ-1.0』©2023 TOHO CO., LTD.

国内映画賞のトップを飾る第48回報知映画賞の各賞が決定。『ヴィレッジ』『春に散る』の演技が評価された横浜流星が、昨年の助演男優賞に続いて主演男優賞を初受賞。また、主演女優賞は『レジェンド&バタフライ』『リボルバー・リリー』の演技が評価された綾瀬はるかが初受賞した。

『リボルバー・リリー』

報知映画賞は、スポーツ新聞が単独開催する初の映画賞として1976年に誕生。年末から年明けにかけて日本各地で開催される映画賞の中でも、先陣を切って発表されるため、その年の受賞者・受賞作品を占う意味でも大きな注目を集めている。

『月』

作品賞・邦画部門は宮沢りえ主演、石井裕也監督による『月』が受賞し、同作に出演した磯村勇斗、二階堂ふみがそれぞれ助演男優賞、助演女優賞に選ばれ、3冠。監督賞は『ゴジラ-1.0』山崎貴監督が受賞した。

第48回報知映画賞各賞

作品賞・邦画部門 『月』

作品賞・海外部門 『グランツーリスモ』

アニメ作品賞 『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』

監督賞 山崎貴『ゴジラ-1.0』

主演男優賞 横浜流星『ヴィレッジ』『春に散る』

主演女優賞 綾瀬はるか『レジェンド&バタフライ』『リボルバー・リリー』

助演男優賞 磯村勇斗『月』

助演女優賞 二階堂ふみ『月』

新人賞 アイナ・ジ・エンド『キリエのうた』


春に散る Blu-rayコレクターズ・エディション(2枚組)
¥5,518
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top