75歳で生死選ぶ制度をめぐる…『PLAN 75』2月17日からPrime Videoで配信

2022年公開の話題作『PLAN 75』が2月17日(金)よりPrime Videoにて独占配信されることが分かった。

映画 邦画ニュース
『PLAN 75』©2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee
  • 『PLAN 75』©2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee
  • 『PLAN 75』©2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee
  • 『PLAN 75』©2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee
  • 『PLAN 75』©2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee
  • 『PLAN 75』©2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee
  • 『PLAN 75』©2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee
  • 『PLAN 75』©2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee
  • 『PLAN 75』©2022『PLAN 75』製作委員会/Urban Factory/Fusee

2022年公開の話題作『PLAN 75』が2月17日(金)よりPrime Videoにて独占配信されることが分かった。


>>『PLAN 75』あらすじ&キャストはこちら

少子高齢化が一層進んだ近い将来の日本を舞台に、75歳から生死の選択権を与える架空の社会制度<プラン75>をめぐって、「生きる」という究極のテーマを問いかける本作。年齢による命の線引きというセンセーショナルなテーマを打ち出しつつ、懸命に生きようとする人々を丁寧に描く細やかな演出が大きな話題となった。

監督・脚本は、本作が長編初監督作品ながら2022年カンヌ国際映画祭オフィシャルセレクション「ある視点」部門への正式出品、そして、カメラドール特別表彰授与という快挙を成し遂げ、第77回毎日映画コンクールでは脚本賞を受賞した早川千絵。

「経済的合理性を優先し、人の痛みへの想像力を欠く昨今の社会に対する憤りに突き動かされて生まれた映画です。倍賞千恵子さん演じるミチという女性の姿を通して、人が生きることを全肯定する。そんな映画にしたい」と、是枝裕和監督が総合監修を務めたオムニバス映画『十年 Ten Years Japan』で本作の出発点である短編『PLAN75』を再構築、キャストを一新し長編映画化した。

夫と死別し、長年一人で暮らしてきた主人公・角谷ミチを演じるのは、名優・倍賞千恵子。セリフで多くを語るのではなく、目や手の動きだけで哀しみや恐れなどの感情を繊細に表現。本作での演技が高く評価され、第14回TAMA映画賞の最優秀女優賞を、第44回ヨコハマ映画祭と第35回日刊スポーツ映画大賞では主演女優賞を受賞した。

<プラン75>に携わる若い世代のヒロムと瑶子を『ヤクザと家族 The Family』(21)の磯村勇斗、『由宇子の天秤』(21)の河合優実が演じ、たかお鷹やステファニー・アリアン、大方斐紗子、串田和美らが脇を固める。

『PLAN 75』は2月17日(金)よりPrime Videoにて独占配信。


Amazon プライム ビデオ公式サイトはこちら
《text:cinemacafe.net》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top