※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

トム・ハンクス、マーゴット・ロビーら出演のウェス・アンダーソン監督作『Asteroid City』予告編

ウェス・アンダーソン監督最新作『Asteroid City』(原題)の初予告編が公開された。

最新ニュース ゴシップ
注目記事
『Asteroid City』(原題) (C)APOLLO
『Asteroid City』(原題) (C)APOLLO
  • 『Asteroid City』(原題) (C)APOLLO
  • ウェス・アンダーソン Photo by Stefania M. D'Alessandro/Getty Images for Fondazione Prada
  • ウェス・アンダーソン監督 Photo by Lars Niki/Getty Images for The Academy of Motion Picture Arts & Sciences
  • ウェス・アンダーソン監督 Photo by Vittorio Zunino Celotto/Getty Images for Prada

ウェス・アンダーソン監督最新作『Asteroid City』(原題)の初予告編が公開された。

作品ごとに豪華なキャストを集めることでも話題になるアンダーソン監督だが、今作はいつにも増してその顔触れはすごい。トム・ハンクス、マーゴット・ロビー、スカーレット・ヨハンソン、ホン・チャウ、ジェフリー・ライト、ティルダ・スウィントン、ブライアン・クランストン、エドワード・ノートン、エイドリアン・ブロディ、リーヴ・シュレイバー、ルパート・フレンド、マヤ・ホーク、スティーヴ・カレル、マット・ディロン、ジェイソン・シュワルツマン、ウィレム・デフォー、ジェフ・ゴールドブラム、リタ・ウィルソンらと、アンダーソン監督作の常連からご新規さんまで名だたる俳優が出演している。

『Asteroid City(原題)』の舞台は、1950年代アメリカの架空の砂漠の街。全米から子どもと保護者を集め、「子ども天文学者/宇宙飛行士候補生大会」が行われる予定だったが、世界を変えるような出来事が起こり、中断を余儀なくされるという内容だという。

予告編を観たファンから「アンダーソン監督はこの時代を代表する監督の一人だ。」「予告編を5秒観ればアンダーソン監督作だとわかる。これが彼のスタイルだから」「映画館に再び通いだす理由がこの作品だ」「夢みたいなキャスト」などのコメントが寄せられ、期待の声が高まっている。


《賀来比呂美》

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

+ 続きを読む

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top