※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

【インタビュー】橋本愛、過去のやり直しより「ともに生きる」という人生観

『ザ・フラッシュ』にはスーパーガールことカーラ・ゾー=エルが登場。その吹き替えを担当した橋本愛に、役柄と声の演技について、さらには自身の“運命の分岐点”について聞いた。

最新ニュース インタビュー
注目記事
橋本愛『ザ・フラッシュ』/photo:Maho Korogi
橋本愛『ザ・フラッシュ』/photo:Maho Korogi
  • 橋本愛『ザ・フラッシュ』/photo:Maho Korogi
  • 橋本愛『ザ・フラッシュ』/photo:Maho Korogi
  • 橋本愛『ザ・フラッシュ』/photo:Maho Korogi
  • 橋本愛『ザ・フラッシュ』/photo:Maho Korogi
  • 橋本愛『ザ・フラッシュ』/photo:Maho Korogi
  • 橋本愛『ザ・フラッシュ』/photo:Maho Korogi
  • 橋本愛『ザ・フラッシュ』/photo:Maho Korogi
  • 橋本愛『ザ・フラッシュ』/photo:Maho Korogi

“運命の分岐点”は誰の人生にも訪れる。あのとき、こうすればよかった。このとき、こちらを選択すればよかった。『ザ・フラッシュ』の主人公であり、幼いころに母親を亡くしたスーパーヒーロー、フラッシュことバリー・アレンも、運命の分岐点と選択がもたらしたものに苛まれる。そんな彼を見守り、ともに戦うことになる仲間として、劇中にはスーパーガールことカーラ・ゾー=エルが登場。

その吹き替えを担当した橋本愛に、役柄と声の演技について、さらには自身の“運命の分岐点”について聞いた。「“後悔はしないけど反省はする”の気持ちで行きたい」という橋本さん。その真意は…?

イメージとは全く違う役への挑戦
「徐々にいろんな表現をしていきたい」


──スーパーガールことカーラ・ゾー=エルのキャラクターをどう捉えましたか?

スーパーマンのいとこであるカーラは強さやかっこよさ、たくましさを持つ一方、繊細で儚く、弱さも持ち合わせている人。けれど、弱いからこそ人の痛みが分かるし、人を助けたい気持ちもあるんですよね。そういった彼女の愛情深さや温かい人間味を感じながら演じました。

──声を演じるにあたり、気をつけたところは?

演じられているサッシャ・カジェさんの声質やトーンと全く同じにするのは難しくて。ですが、限りなくにじり寄る気持ちでやりました(笑)。声って、ある程度は骨格や体格で決まってくるものですよね。でも、「この体からこの声は出ないよな」とは思ってほしくなかった。サッシャさんの表情を見て、声を聞いて、何を感じながら演じていらっしゃるのか、なるべく汲み取りながら演じたかったんです。リスペクトを持って演じるという意味でも、彼女の表現からかけ離れることはしたくありませんでした。

──劇中では、カーラのすべてが描かれるわけではありません。彼女の過去などについて、想像を巡らせたりもしましたか?

私自身の解釈でしかありませんが、1つ想像したのはクリプトン星が滅んだときのこと。カーラとカル=エル(スーパーマン)は唯一の生き残りとして、故郷が滅びる瞬間を見ているわけですよね。それってものすごい体験だし、想像しようもないほど壮絶な心境になったと思うんです。と同時に、何かが滅んだ瞬間を知っているからこそ、何かを守るという気持ちの強さが彼女の中に芽生えた気もしていて。そのあたりの心の変遷は自分の中ですごく想像しました。

──声だけでなく、カーラのようなスーパーヒーローを演じたい願望はありますか?

可能であれば、もちろん演じたいです! 体はまだ硬いんですけど、アクションが好きなので。実はプライベートでキックボクシングやダンスを習っていたりもするんですが、そういったイメージが私にはあまりないかと…。機会があれば、ぜひよろしくお願いします(笑)。

──パブリックイメージから離れた役柄を演じて驚かせたい気持ちも?

なんて言うか、私の中にはいろんな人格があって。しかも、対極の人格がいっぱいあるんです。でも、今はまだその中の2つか3つぐらいしか認知されていない気がして。これまでのイメージとは全く違う役をいきなり私に託すのも難しいとは思いますが、徐々にいろんな表現をしていきたい気持ちはあります。

──人格はいくつぐらいあるんですか?

いっぱいあるんですよ、本当に(笑)。幼稚園児みたいな自分もいれば、大人びた自分もいる。上品な人がいるかと思えば、ヤンキーみたいな人もいる(笑)。優等生もいるしギャルもいる。盛りだくさんで楽しいですけどね。そんな子たちをいつか解放してあげたいです。


《text:Hikaru Watanabe/photo:Maho Korogi》

映画&海外ドラマライター 渡邉ひかる

ビデオ業界誌編集を経て、フリーランスの映画&海外ドラマライターに。映画誌、ファッション誌、テレビ誌などで執筆中。毎日が映画&海外ドラマ漬け。人見知りなのにインタビュー好き。

+ 続きを読む

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top