※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

佐藤健&長澤まさみ『四月になれば彼女は』11月マンスリートレーラー公開 “声”に注目

佐藤健、長澤まさみ、森七菜が共演する映画『四月になれば彼女は』より、11月のマンスリートレーラーが映画公式SNSに公開された。

映画 邦画ニュース
注目記事

佐藤健、長澤まさみ、森七菜が共演する映画『四月になれば彼女は』より、11月のマンスリートレーラーが映画公式SNSに公開された。

本作は、「世界から猫が消えたなら」の川村元気による同名恋愛小説の映画化。あることをきっかけに姿を消した愛する人の姿を探し求める主人公の精神科医、突然姿を消してしまう婚約者、そして初恋の女性が織りなす、切なくも壮大な愛の物語。

結婚間近の主人公のもとに、元恋人から手紙が届き、時を同じくして婚約者が突然姿を消す。なぜ手紙を書いてきたのか? なぜ姿を消したのか? このふたつの謎は、やがて繋がっていくこととなる。

原作小説が4月から始まり、各月を追う形で描かれることになぞらえて、映画公開まで毎月配信中のマンスリートレーラー。気になるナレーションとともに、佐藤さん演じる主人公・藤代俊と、長澤さん演じる婚約者・坂本弥生の楽しそうな様子が映し出されている。


SNSでは「とても優しい笑顔で弥生を見てるのに、切なさを感じる・・・」、「この声は9月の人と同じ あの方?」、「この声あの人だよね」、「聞き覚えのある声」、「二人の笑顔とナレーションの言葉が切なさをさそいますな…」、「今月のマンスリートレーラーも素敵」などとナレーションの声に着目したコメントも多く見られる。

『四月になれば彼女は』は2024年3月22日(金)より全国東宝系にて公開。



四月になれば彼女は (文春文庫)
¥744
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
護られなかった者たちへ
¥400
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)
《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

page top