※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

『ノートルダムの鐘』声優キャスト・あらすじまとめ【金曜ロードショー放送】

2023年11月24日21時からの「金曜ロードショー」にて、ディズニー映画『ノートルダムの鐘』が放送。こちらでは、『ノートルダムの鐘』のあらすじ、キャストなどをまとめて紹介する。

最新ニュース スクープ
注目記事
『ノートルダムの鐘』(C)1996 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
  • 『ノートルダムの鐘』(C)1996 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
  • 『ノートルダムの鐘』(C)1996 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
  • 『ノートルダムの鐘』(C)1996 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

2023年11月24日21時からの「金曜ロードショー」にて、ディズニー映画『ノートルダムの鐘』が放送。こちらでは、『ノートルダムの鐘』のあらすじ、キャストなどをまとめて紹介する。

ノートルダムの鐘

『ノートルダムの鐘』

あらすじ

15世紀末のパリ。空高くそびえ立つノートルダム大聖堂の鐘楼では、心優しい鐘つき男カジモド(石丸幹二)がひとりぼっちで暮らしていた。
町の権力者で判事のフロロー(日下武史/歌:村俊英)に育てられたカジモドは、鐘楼の外へ出ることを許されず、いつも塔の上から街を眺めては自由を夢見ていた。

年に一度の「道化の祭り」の日。カジモドは、愉快な石像ガーゴイルたちの応援を受け、生まれて初めて塔を抜け出す。
偶然出会った美しい踊り子のエスメラルダ(保坂知寿)に手を引かれ舞台に上がったカジモドは、仮装を競うコンテストに出場し、道化の王に選ばれる。しかし、カジモドが仮装をしていないことがわかると、観衆から物を投げつけられ虐げられる。

『ノートルダムの鐘』

その様子を見ていたフロローは、カジモドをかばうエスメラルダを逮捕するよう、近衛隊長に就任したフィーバス(芥川英司)に命令。
大聖堂に逃げ込んだエスメラルダに初めての愛を感じたカジモドは彼女を逃がす。一方で、フロローもエスメラルダの美しさに邪悪な想いを馳せていた…。
フロローはエスメラルダの捜索を始め、民家に火を放ち罪なき街の人々を迫害する。

命令に背いたフィーバスがフロローに命を狙われ重傷を負うが、エスメラルダに助けられ、大聖堂でカジモドに匿ってもらいながらケガの治療を受ける。
エスメラルダとフィーバスに恋が芽生えた事を知ったカジモドは、今までに経験したことのない心の痛みを感じる…。

放送情報

2023年11月24日21時から日本テレビ「金曜ロードショー」にて放送
【劇場公開】1996年8月24日(日本公開)

キャスト

カジモド:トム・ハルス(石丸幹二)
エスメラルダ:デミ・ムーア/歌:ハイジ・モーレンハウアー(保坂知寿)
フロロー:トニー・ジェイ(日下武史/歌:村俊英)
フィーバス:ケビン・クライン(芥川英司)
クロパン:ポール・キャンデル(光枝明彦)

スタッフ

監督:ゲイリー・トゥルースデイル カーク・ワイズ
製作:ドン・ハーン
ストーリー:タブ・マーフィ
脚本:タブ・マーフィ アイリーン・メッキ ボブ・ツディカー ノニ・ホワイト ジョナサン・ロバーツ
音楽&作曲:アラン・メンケン
作詞:スティーブン・シュワルツ

登場キャラクター

カジモド:トム・ハルス(石丸幹二)

エスメラルダ:デミ・ムーア/歌:ハイジ・モーレンハウアー(保坂知寿)

フロロー:トニー・ジェイ(日下武史/歌:村俊英)

(C)1996 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

楽曲情報

『ノートルダムの鐘』オリジナル・サウンドトラック


ノートルダムの鐘 オリジナル・サウンドトラック
¥1,792
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

1 ノートルダムの鐘
2 僕の願い
3 トプシー・ターヴィー
4 フェスティバルでの出来事
5 ゴッド・ヘルプ
6 ベル・タワーへようこそ
7 天使が僕に/罪の炎
8 ガイ・ライク・ユー
9 災い
10 奇跡の法廷
11 サンクチュアリ!
12 フロローの最期
13 輝きの中へ
14 ノートルダムの鐘 (リプライズ)
15 サムディ
16 ゴッド・ヘルプ


ノートルダムの鐘(吹替版)
¥2,000
(価格・在庫状況は記事公開時点のものです)

「ノートルダムの鐘」声優キャスト・あらすじまとめ【金曜ロードショー放送】

《栗林コウスケ》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top