※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

神谷浩史、冷酷非道な敵役に! Netflix『REBEL MOON』吹替版予告

2部構成のビッグ・プロジェクト映画『REBEL MOON』に、神谷浩史が敵役の日本版声優として参加することが決定した。

映画 洋画ニュース
注目記事
Netflix映画『REBEL MOON』
Netflix映画『REBEL MOON』
  • Netflix映画『REBEL MOON』
  • Netflix映画『REBEL MOON - パート1: 炎の子』12月22日(金)世界独占配信
  • Netflix映画『REBEL MOON - パート1: 炎の子』12月22日(金)世界独占配信

2部構成のビッグ・プロジェクト映画『REBEL MOON』に、神谷浩史が敵役の日本版声優として参加することが決定した。

本作は、ザック・スナイダー監督(『ジャスティス・リーグ』『アーミー・オブ・ザ・デッド』)が20年以上構想し、『七人の侍』からインスパイアを受け創造した、壮大な銀河を舞台に贈るSFスペクタクル巨編。全てを支配する銀河の帝国“マザーワールド”と、巨悪にリベンジを誓う寄せ集めアウトロー集団〈チーム・レベルズ〉の規格外な戦いが描かれる。

神谷さんが演じるのは、コラ(吹替:沢城みゆき)ら〈チーム・レベルズ〉の宿敵となる、冷酷非道で血も涙もない“マザーワールド”の執行官・ノーブル提督(エド・スクライン)。人間味はゼロ、法と権力の権化のような存在で、容赦や手加減という言葉を知らない男。

今作への参加にあたって神谷さんは、「監督・兼脚本・製作・原案・撮影、ザック・スナイダーと言うあまりにも強すぎるクレジットの作品に吹き替えで参加できるとは…!」と喜び、「リハーサルは管理されたスタジオのパソコンでのみ行えたのですが、いち早く観られる映像に興奮し、アフレコも含め非常に楽しい時間でした!」と収録をふり返っている。

合わせて、吹き替え版の予告編も到着。

部下を率いてチームを襲うノーブル提督の姿が垣間見え、冷たいセリフを吐く、神谷さんの悪役の演技が光る。さらに、コラが結成する寄せ集めのアウトロー集団〈チーム・レベルズ〉の声にも注目。コラと同じ村に住む“戦う農家”ガンナー(吹替:小林親弘)、金でしか動かないクールな宇宙船パイロット・カイ(吹替:杉田智和)、顔色ひとつ変えずに復讐心を燃やす二刀流使い・ネメシス(吹替:竹内絢子)、酒に溺れる荒くれ剣闘士・タイタス将軍(吹替:立木文彦)、巨大な獣も手懐ける野人で実は元王子タラク(吹替:武内駿輔)、ケンカっ早すぎる傭兵軍団のリーダーのダリアン(吹替:諏訪部順一)が、豪華声優たちの声によって、さらなる熱量を生み出している。

なお、スナイダー監督らが来日して行われるジャパンプレミアに、神谷さんの登壇も追加決定した。

Netflix映画『REBEL MOON - パート1:炎の子』は12月22日(金)世界独占配信、『REBEL MOON - パート2: 傷跡を刻む者』は2024年4月19日(金)世界独占配信。


《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top