※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ストライキ終了により『ヴェノム3』の撮影が再開 主演トム・ハーディが報告

ハリウッドで118日間に及んだストライキが終わり、様々な作品の製作や撮影が再開されている。『ヴェノム』第3弾もそのうちの一本だ。

最新ニュース ゴシップ
注目記事
『ヴェノム』キャスト陣 (C) Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images
  • 『ヴェノム』キャスト陣 (C) Photo by Alberto E. Rodriguez/Getty Images
  • トム・ハーディ-(C)Getty Images

ハリウッドで118日間に及んだストライキが終わり、様々な作品の製作や撮影が再開されている。『ヴェノム』第3弾もそのうちの一本だ。

主演のトム・ハーディが、インスタグラムで「ありがたいことに、撮影に戻ることができた。この場を借りて、『ヴェノム』第1弾からこれまで一緒にやってきてくれたチームのみんなに感謝したい。最高のキャストとスタッフ、それによき友人と家族たち。私たちは大きな進歩を遂げた」と報告し、自分を支えてくれた周りの人たちに感謝の意を表した。

トムが長文の感謝レターと共に投稿した写真には、トムと一緒にケリー・マーセル監督とスタントマンのジェイコブ・トムリが写っている。マーセル監督は『ヴェノム』では共同脚本、『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ではトムと共に脚本を書き、今作では再びトムと共同執筆を行い、さらにメガホンも取っている。そんなマーセル監督に、トムは「今回の作品で指揮を執っているあなたを見ると、誇らしい気持ちになる。本当に光栄だ」と感慨深げにつづった。

ジェイコブは2013年からトムのスタントダブルを務めており、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『レヴェナント:蘇えりし者』でも活躍した。ジェイコブのことを「大切な友人」と呼ぶトム。本人が「ジェイコブ、きみはやっぱり俺とそっくりだよ。ブラザー!」と認めるくらい2人はそっくりだ。


《賀来比呂美》

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

+ 続きを読む

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top