※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

パク・ジフン&「二十五、二十一」チェ・ヒョヌクら出演「弱いヒーロー Class1」CS放送決定

「Wanna One」出身で俳優としても活躍するパク・ジフン、「二十五、二十一」チェ・ヒョヌクら共演の韓国ドラマ「弱いヒーロー Class1」が、CS放送「衛星劇場」にて12月22日(金)より日本初放送されることになった。

韓流・華流 スクープ
注目記事
「弱いヒーロー Class1」© Content Wavve Corp.
「弱いヒーロー Class1」© Content Wavve Corp.
  • 「弱いヒーロー Class1」© Content Wavve Corp.
  • 「弱いヒーロー Class1」© Content Wavve Corp.
  • 「弱いヒーロー Class1」© Content Wavve Corp.
  • 「弱いヒーロー Class1」© Content Wavve Corp.
  • 「弱いヒーロー Class1」© Content Wavve Corp.
  • 「弱いヒーロー Class1」© Content Wavve Corp.
  • 「弱いヒーロー Class1」© Content Wavve Corp.
  • 「弱いヒーロー Class1」© Content Wavve Corp.

「Wanna One」出身で俳優としても活躍するパク・ジフン、「二十五、二十一」のチェ・ヒョヌクら共演の韓国ドラマ「弱いヒーロー Class1」が、CS放送「衛星劇場」にて12月22日(金)より日本初放送されることになった。

ビョクサン高校に通う全校1位の秀才ヨン・シウン(パク・ジフン)は勉強以外に興味がない。そんなシウンをよく思わない不良グループはシウンにいじめを行っていた。それがエスカレートし我慢の限界に達したシウンは、生まれつきの頭脳で彼らを倒していき、最後の一発を殴ろうとしたとき、同じクラスで運動神経抜群のアン・スホ(チェ・ヒョヌク)が止めに入る。

シウンはスホにも殴りかかろうとするが、スホには到底敵わない。ある日、不良グループに絡まれ事態を打開しようとしていたシウンだが、上手くいかず絶体絶命の危機におかれたとき、アン・スホ(チェ・ヒョヌク)とオ・ボムソク(ホン・ギョン)が現れ…。

本作は、大人気WEB漫画「弱いヒーロー」をパク・ジフン、チェ・ヒョヌクのW主演でドラマ化。パク・ジフンはストリーミング作品を対象にした青龍シリーズ賞2023にて最優秀新人俳優賞を受賞、ドラマ公開直後には2022年Wavve有料加入者1位を記録した話題作。

天性の頭脳を持つ優等生が学校での暴力地獄から抜け出すために、頭脳と道具、心理戦で立ち向かい、友情を築いていく学園アクション成長ドラマ。

「Wanna One」出身で「コッパダン~恋する仲人~」など数々のドラマに出演し、演技力が評価されているパク・ジフンが“天性の頭脳の持ち主”ヨン・シウンを演じ、「二十五、二十一」の“7組のイケメン”ムン・ジウン役で一躍人気俳優に名乗りを上げたチェ・ヒョヌクが“天性の運動神経の持ち主”アン・スホを演じている。

正反対の2人がタッグを組み、頭脳とアクションを使ったスリル満点な展開に引き込まれていく。2021年百想芸術大賞映画部門 男性新人賞を受賞したホン・ギョン演じるオ・ボムソクが加わった3人の友情にも注目。シン・スンホイ・ヨンらも出演する。

さらに「衛星劇場」では、ソン・ドンイルら出演の韓国ドラマ「アクシデント・ファミリー」、チョンウ、イ・ユミら共演「メンタルコーチ チェガル・ギル~癒やしのエール~」も12月にスタートする。

「弱いヒーローClass1」は12月22日より毎週金曜23時~CS放送「衛星劇場」にて2話連続放送。

「アクシデント・ファミリー」は12月19日より毎週火曜23時~ほか、「メンタルコーチ チェガル・ギル~癒やしのエール~」は12月27日より毎週水曜23時~ほかにて放送。


《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top