※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

「ユニチケ」日本人参加者ナナ&コトコ&ジェイラらネクストステージに進出

SBSによる初のガールズグループオーディション番組「UNIVERSE TICKET」(ユニチケ)の第4話にて、ネクストステージへと進む39名(2名の辞退者を除く)が発表された。

韓流・華流 スクープ
注目記事
「UNIVERSE TICKET」(C)SBS
「UNIVERSE TICKET」(C)SBS
  • 「UNIVERSE TICKET」(C)SBS
  • 「UNIVERSE TICKET」(C)SBS
  • 「UNIVERSE TICKET」(C)SBS
  • 「UNIVERSE TICKET」(C)SBS
  • 「UNIVERSE TICKET」

「SBS人気歌謡」をはじめ、K-POP人気音楽番組を数多く手掛ける韓国三大地上波放送局の1つSBSによる初のガールズグループオーディション番組「UNIVERSE TICKET」(ユニチケ)の第4話が12月6日22時40分より、日韓同時・国内独占無料放送。ネクストステージへと進む39名(2名の辞退者を除く)が発表された。

「UNIVERSE TICKET」こと「ユニチケ」は、SBSが総製作費100億ウォン(約11億円相当)をかけて挑む初のガールズグループオーディション番組。番組内では、韓国の国家番号である“82”という数字に意味を持たせ、K-POPアーティストデビューを夢見る82名の練習生が特別なミッションに挑戦。最終メンバーとして残った8名がデビューグループとなり、2年6か月間の期間限定で活動する。

注目の練習生には、トロット(韓国の演歌)歌手のイム・ソウォンや韓国のガールズグループ「DIA」出身のクォン・チェウォンといった実力を兼ね備えたメンバーをはじめ、ガールズグループデビューサバイバル番組「Who is Princess?」から誕生した「PRIKIL」のメンバー、ナナやユキノといった日本人14名も参加。

また、本番組には、キム・セジョン、ユンナ、「少女時代」のヒョヨン、「ITZY」のイェジとチェリョン、「La Chica」のRian、歌手兼作曲家のADORAら7人が「UNIVERSE TICKET」のアイコンである“ユニコン”として登場する。

12月6日放送の第4話では、7日間にわたり行われた「バトルウィーク」を通じて、次のバトルへと駒を進めることができる41名(内2名辞退のため39名)を発表。「バトルウィーク」では、1対1バトル、リベンジバトルがそれぞれ行われ、勝利した練習生は次のステージに進出するための有利なベネフィットを獲得できる。

まず発表されたのは、ネクストステージに直行で進むことができる“ユニコン”選出の「ユニコンチケッティング」を獲得した20名。リベンジバトルの各勝利チームから4名ずつ選出された。

■ユニコンチケッティングを獲得した20名

【清涼 チャレンジャーズ】
・イ・ウンチェ
・キム・スビン
・コトコ ※日本人
・ファン・シウン

◇日本人練習生コトコ(16歳)が涙…

【キュート ウィナーズ】
・イム・ソウォン
・ガビ
・ユリ ※日本人
・ナコ ※日本人

【魅惑 チャレンジャーズ】
・オ・ユナ
・チャン・スア
・イドタユイ ※日本人
・チョン・ジニョン

【清純 ウィナーズ】
・パン・ユナ
・ク・ギョリョン
・イ・フラン
・イ・ソヌ

【カリスマ ウィナーズ】
・ペ・イェラム
・ニジ ※日本人
・キム・スジン
・ジェイラ ※日本人

続いて、グローバルファンチケッティング(投票)の結果が発表され、以下の19名がネクストステージに駒を進めた。

■グローバルファンチケッティングによる通過者19名

・ジン・ヒョンジュ
・ゼリーダンカ
・ペ・ハラム
・ナナ ※日本人
・キム・スミン
・オ・ダウン
・チェ・ヘリン
・クォン・ウニョン
・ナルミ ※日本人
・バネサ
・ヨナ
・アヤ ナツミ
・パク・イェウォン
・イ・スビン
・ホ・ソンビン
・リエル
・ミナリ ※日本人
・エリシア
・クォン・チェウォン

日本人練習生のナナは、次のステージに進出が決まるまでの気持ちをふり返り「本当に不安な毎日でした。だからこれから一生懸命頑張ってもっと素敵な姿をお見せしたいです」と回答。ナナを含む計9名の日本人練習生がネクストステージでどのような活躍を見せてくれるのか、今後のバトルにも期待だ。

◇日本人練習生ナナ、進出の瞬間

そのほか、練習生たちによるリベンジバトル後半の模様をはじめ、初の脱落回の模様は「ABEMA」で無料見逃し配信中となっている。

「UNIVERSE TICKET」は毎週水曜22時40分~ABEMA SPECIAL(字幕)、K-WORLD(通訳)にて放送。
※第1話から第4話は番組放送終了後も無料で視聴可能。


ABEMA/Cafeはこちら
《シネマカフェ編集部》

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top