最新ニュース スクープ記事一覧(1,310 ページ目)

解決できない事件はない!?脱力系サスペンス・コメディ『おいしい殺し方 A Delicious Way to Kill』キャストトークショー開催 画像

解決できない事件はない!?脱力系サスペンス・コメディ『おいしい殺し方 A Delicious Way to Kill』キャストトークショー開催

シネマGAGA!よりレイトショー公開中の『おいしい殺し方 A Delicious Way to Kill』。9月1日(金)、2日(土)、3日(日)には、脚本・監督のケラリーノ・サンドロヴィッチと出演キャストによる、トークショーが決定した。

超大作映画『墨攻(ぼっこう)』いよいよ始動 画像

超大作映画『墨攻(ぼっこう)』いよいよ始動

戦乱の中国を舞台に、壮大な人間ドラマと大迫力の戦闘シーンを描いた伝説のコミック「墨攻」(ぼっこう)を完全映画化。構想10年、巨額を投じたスペクタクル超大作がいよいよ始動する。

『キンキーブーツ』大ヒット記録 画像

『キンキーブーツ』大ヒット記録

映画『キンキーブーツ』が、8月26日(土)より日比谷シャンテ シネにて公開となり、大ヒットを記録している。

仏2大スター競演『あるいは裏切りという名の犬』12月公開決定 画像

仏2大スター競演『あるいは裏切りという名の犬』12月公開決定

映画「オルフェーヴル河岸36」(原題:36 QUAI DES ORFEVRES)の邦題が、『あるいは裏切りという名の犬』に決定した。本作は、親友でありながら、かつて同じ女性を愛し奪い合った過去を持ち、今は警視庁内部で対立する二人の警視の激しくも切ない宿命を描いた物語。

『ローズ・イン・タイドランド』幻のCMがインターネットに登場 画像

『ローズ・イン・タイドランド』幻のCMがインターネットに登場

爆笑問題が尊敬するテリー・ギリアムの映画のCMに、ナレーション&衝撃的な出演を果たして話題となったあのテレビCM。実際のOA数よりも、ナレ撮りの現場を紹介した番組数の方が多かった(?)とも言われる幻のCMがインターネットに再登場!

『ルイーズに訪れた恋は…』公開記念キャンペーン実施 画像

『ルイーズに訪れた恋は…』公開記念キャンペーン実施

もし、15才年下の男性に愛されたら? しかもその彼がかつて亡くした恋人と顔も名前も同じだったとしたら…。秋のニューヨークを舞台に、過去を引きずり、毎日にも満足しきれず…そんな39才、独身のルイーズが年下の男性から想いを寄せられ、恋に仕事に輝いていく大人のラブストーリー『ルイーズに訪れた恋は…』。

『ブラック・ダリア』10月14日公開初日決定 画像

『ブラック・ダリア』10月14日公開初日決定

1947年ロサンゼルス。ダウンタウンの空き地で、身体を腰で切断された女の惨殺死体が発見された。黒い炎を思わせる漆黒の髪、青白い肌を照らす黒ずくめのドレス。ハリウッド・スターを夢見ながら大都会の暗闇に葬られたその女エリザベス・ショートを、人々は、ブラック・ダリアと呼んだ——。

木更津キャッツアイ×資生堂「uno」コラボレーション開始 画像

木更津キャッツアイ×資生堂「uno」コラボレーション開始

2003年に大ヒットし興行収入15億円を記録した映画『木更津キャッツアイ 日本シリーズ』から3年。完結編として『木更津キャッツアイ ワールドシリーズ』が10月28日(土)より全国一斉公開が決定、早くも高い注目を浴びている「キャッツ」と、常に斬新かつ話題性のあるプロモーションで世間を賑わしている資生堂「uno(ウーノ)」が夢のコラボレーションを実現した。

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』全米映画史上歴代2位記録 画像

『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』全米映画史上歴代2位記録

7月7日に全米で公開され、オープニング記録、公開1週間興収など数々の新記録を樹立している『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』が公開45日目となる8月20日に全米興収4億ドル(約460億円)を突破した。

全米初登場第1位『スネーク・フライト』10月日本公開決定 画像

全米初登場第1位『スネーク・フライト』10月日本公開決定

サミュエル・L・ジャクソン主演最新作『スネーク・フライト』(原題『Snakes on a Plane』)が、8月18日より全米約3555館で拡大公開され、週末全米BOX OFFICEで初登場第1位、1,510万ドル(推定)の大ヒットスタートをきった。(Variety.comより 8月18日‐8月20日、8月17日先行レイト興行含む)

ウディ・アレン 監督最新作『マッチポイント』全回満席大ヒットスタート 画像

ウディ・アレン 監督最新作『マッチポイント』全回満席大ヒットスタート

ウディ・アレン監督最新作『マッチポイント』が8月19日(土)より恵比寿ガーデンシネマ、シネスイッチ銀座にて両館とも満席・立ち見の出る大ヒットスタートをきった。この2館で同時公開した作品で、全回満席立ち見となったのは初めて。

『エコール』人形展&人形写真集発売決定 画像

『エコール』人形展&人形写真集発売決定

映画『エコール』の公開に先駆け、映画からインスピレーションを受けた人形作家の陽月(ひづき)コラボレートし、主要登場人物7体のエコールドール(球体関節人形)が登場する。

『めぐみ−引き裂かれた家族の30年』日本公開決定 画像

『めぐみ−引き裂かれた家族の30年』日本公開決定

世界中がこの家族の悲劇に注目!北朝鮮拉致問題として、連日報道される事件を横田めぐみさんの生存を信じ、30年以上に渡り闘い続けた家族の視点を通じて描く、衝撃と感動のドキュメンタリー!

世界をかける!『時をかける少女』第39回シッチェス・カタルニヤ国際映画祭コンペティション部門正式出品決定 画像

世界をかける!『時をかける少女』第39回シッチェス・カタルニヤ国際映画祭コンペティション部門正式出品決定

発表以来40年にわたり、TVドラマ、映画など、その時代を反映した物語としてこれまで6度映像化され、その時ごとのヒロインを生んできた筒井康隆の名作「時をかける少女」。初めてアニメーション化され、現在公開中の『時をかける少女』が10月6日よりスペインで開催される第39回シッチェス国際映画祭アニメコンペティション(ANIMA'T)部門に正式出品されることが決定した。

『真夜中の少女たち』トークイベント開催 画像

『真夜中の少女たち』トークイベント開催

渋谷シネ・ラ・セットで公開中の『真夜中の少女たち』。4話からなるオムニバス・ムービーは、5人の女子高生を主人公に、青春の葛藤をリアルに描く。監督、キャストによるイベントも残すところ2回。フレッシュな顔ぶれによるトークに足を運んでみては。

デイヴィッド・リンチ最新作『インランド・エンパイア』ヴェネチア映画祭上映 画像

デイヴィッド・リンチ最新作『インランド・エンパイア』ヴェネチア映画祭上映

今月8月30日から開催されるヴェネチア映画祭にて、デイヴィッド・リンチ監督(写真)最新作『インランド・エンパイア』の正式上映が決定した。

キアヌ・リーブス×サンドラ・ブロック『イルマーレ』9月23日(祝)公開初日決定 画像

キアヌ・リーブス×サンドラ・ブロック『イルマーレ』9月23日(祝)公開初日決定

今秋キアヌ・リーブス、サンドラ・ブロック共演で贈る大型ラブ・ストーリー『イルマーレ』(アレハンドロ・アグレスティ監督)の公開初日が、9月23日(祝)より丸の内ピカデリー1ほか全国松竹・東急系にて決定した。

クリムト4作品、合わせて115億円の価値 画像

クリムト4作品、合わせて115億円の価値

ジョン・マルコヴィッチ主演による『クリムト』の公開で話題のオーストリアの象徴派画家、グスタフ・クリムト。今年6月、彼の代表作「アデーレ・ブロッホバウアーI」が絵画史上最高額の1億2500万ドル(約155億円)でニューヨークのノイエ・ギャラリーに売却されたニュースが注目をあびたが、今回さらに4作品がニューヨークの競売会社クリスティーズによって競売にかけられることが決定した。

『狩人と犬、最後の旅』満席スタート 画像

『狩人と犬、最後の旅』満席スタート

8月12日より公開となった『狩人と犬、最後の旅』が大ヒットのスタートを切った。客層は中高年を中心として、夫婦、60代のシニア層が最も多く目立ち、初日2日間の上映は満席が続いた。特に銀座テアトルシネマでは昨年9月に公開された『ルパン』以来の超満員、平日も本日1回目、2回目ともに満席と、今後も劇場があふれることが予想され上映回数を増やすことも検討が進められている。

アカデミー賞主演男優賞受賞『カポーティ』9月30日公開初日決定 画像

アカデミー賞主演男優賞受賞『カポーティ』9月30日公開初日決定

悪魔か? 天才か? フィリップ・シーモア・ホフマンがトルーマン・カポーティの光と影を見事に演じ、本年度アカデミー賞主演男優賞をはじめ、映画賞各賞を総なめにしたことで話題の『カポーティ』がカポーティ本人の生誕日である9月30日より公開されることが決定した。

12月9日公開決定『硫黄島からの手紙』クリント・イーストウッド監督からメッセージ 画像

12月9日公開決定『硫黄島からの手紙』クリント・イーストウッド監督からメッセージ

アカデミー賞受賞監督クリント・イーストウッドが、歴史に残る戦いを日米双方の視点から描く映画史上初の2部作として、アメリカ側の視点から描く『父親たちの星条旗』と、日本側の視点から描く『硫黄島からの手紙』が2作連続公開される。

パリが生んだ伝説の怪盗『ファントマ』三部作一挙上映 画像

パリが生んだ伝説の怪盗『ファントマ』三部作一挙上映

セリ・ノワール(暗黒叢書と呼ばれる犯罪小説)の歴史の中でも、連続活劇ものとして最も愛されてきたファントマ。本国フランスでは大規模な展覧会も開かれるなど、今もって高い人気を誇るファントマシリーズから、よりポップなSFアクションコメディに仕上がった三部作を「ファントマ映画祭2006」として、9月2日よりライズXにて一挙上映する。

page top