ドラマ 『地下鉄(メトロ)に乗って』作品情報

2006年10月21日 公開の映画作品

あらすじ

スーツケースを抱え、いつものように地下鉄の駅に降り立つ長谷部真次(堤真一)。営業マンとして1日歩き回った帰り道に携帯電話のメッセージを確認すると、弟から父親が倒れたという知らせが入っていた。入院がニュースになるほどの父とは、もう長らく会っていない。真次が、強い反発を覚えたのは、まだ中学生の頃の、まさに今日だった。威圧的な父とケンカした兄が、家を飛び出し、還らぬ人となったのだ。過去に思いを馳せながら、地下道を歩き始めた真次は、前方を横切る男が兄に見えて、思わずあとを追いかける。階段を上るとなんとそこは、昭和39年の東京。しかも兄を失くした“運命の日”だった…。

スタッフ

篠原哲雄

キャスト

作品データ

  • 2006年10月21日より丸の内ピカデリー2ほか全国松竹・東急系にて公開
  • 原題
  • 製作年2006
  • 製作国日本
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社ギャガ・コミュニケーションズ=松竹
  • クレジット©2006 METRO ASSOCIATES
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『地下鉄(メトロ)に乗って』関連記事

『地下鉄(メトロ)に乗って』岡本綾インタビュー 画像
インタビュー

『地下鉄(メトロ)に乗って』岡本綾インタビュー

1997年の直木賞受賞作「鉄道員」、2000年の柴田錬三郎賞受賞作「壬生義士伝」ほか、数々の小説が映像化されてきた浅田次郎の原点にして最高傑作とも呼ばれるファンタジー作品「地下鉄に乗って」がついに映画化された。監督は『月とキャベツ』『深呼吸の必要』の篠原哲雄監督。時間も空間も超えた親子の愛、男女の愛にまつわる、普遍的なドラマを映し出した。

『地下鉄〈メトロ〉に乗って』レビュー 画像
コラム

『地下鉄〈メトロ〉に乗って』レビュー

ふだん何気なく乗る地下鉄が、タイムマシンのように過去や未来に連れて行ってくれたら。自分のルーツ、親がどんな時代を生き、出会い、そして知り得なかった事実をリアルに体験してしまったら…。ノスタルジックな想いを抱きつつ、実はかなりシビアな人間関係が描かれている『地下鉄〈メトロ〉に乗って』。

小林武史『地下鉄<メトロ>に乗って』主題歌初披露 画像
レポート

小林武史『地下鉄<メトロ>に乗って』主題歌初披露

10月21日(土)より全国公開になる映画『地下鉄<メトロ>に乗って』の主題歌が決定、7月25日に行われた「2007-2008GAGAブランニュー・ラインナップ発表会」において、主題歌を担当したSalyu(サリュ)と、本作の音楽を担当した小林武史が登壇し、主題歌「プラットホーム」を本邦初披露した。

『地下鉄<メトロ>に乗って』10月21日公開決定 画像
スクープ

『地下鉄<メトロ>に乗って』10月21日公開決定

あなたは、父になる前の父親を知っていますか? ある日突然、地下鉄に乗って、過去へタイムスリップした恋人たち。その旅路で、男は憎んでいた父の若き日の姿、女は愛する男との間に隠された衝撃的な秘密を知ることに…。

page top