『酒井家のしあわせ』作品情報

2006年12月23日 公開の映画作品

あらすじ

一見ごく普通の家族・酒井家。中2の次雄(森田直幸)と妹・光(谷村美月)、母・照美(友近)、父・正和(ユースケ・サンタマリア)の4人家族は関西のとある小さな町に住む。しかし実は照美は再婚で、次雄は事故死した前夫の連れ子。光は父親違いの妹という、ちょっと複雑な家庭。次雄はそういう家族関係を近頃ウザク感じ始めていた。そんなある日、正和が突然家を出て行くと言い出す。なんと、その理由は、男を好きだから。怒り、悲しみ、想いをぶつけ合いながら、家族の絆がやがて結ばれていく――。監督はこの作品が長編デビュー作となる呉美保。弱冠29歳の女性監督によるユーモア溢れたセリフ回しや脚本の巧みさでサンダンス・NHK国際映像作家賞2005日本部門受賞。友近、ユースケ・サンタマリアというフレッシュな組み合わせを夫婦役に迎え、ポップでコミカルな酒井家が繰り広げる可笑しくて、泣けて、愛しい、家族ドラマ。

スタッフ

呉美保

キャスト

作品データ

  • 2006年12月23日より渋谷アミューズCQNほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『酒井家のしあわせ』関連記事

もう少し身体を絞ったら愛染恭子? 友近、映画初主演作『酒井家のしあわせ』を語る 画像
インタビュー

もう少し身体を絞ったら愛染恭子? 友近、映画初主演作『酒井家のしあわせ』を語る

関西の小さな田舎町に住む4人家族の酒井家。ある日、父親が「好きな男(!?)ができたから家を出る」と言い出して…。一見幸せそうに見える家族の断絶から和解と再生に至るまでの紆余曲折を描いた、ちょっと笑えて、泣ける感動ドラマ『酒井家のしあわせ』がDVDリリースされる。そこで、映画初主演を飾った友近さんに当時の撮影の様子をふり返ってもらった。

映画祭に行こう! vol.3 釜山映画祭が人気な理由 画像
コラム

映画祭に行こう! vol.3 釜山映画祭が人気な理由

釜山に行ってまで日本映画の取材…って気がしなくもないが、『酒井家のしあわせ』で来韓していた呉美保監督と友近さんのラウンドインタビューについ参加してしまった。スケジュールがバタバタだったので外を歩くこともお土産を買うこともできてないという友近さんに、囲むインタビュアー3人が口を揃えたのは「釜山では美味しいものを食べないと」。ほう、アナタもですか、という不思議な一体感である。釜山はメシが美味い。さらに腰を抜かすほど安い。ロクに取材もしないクセして、私が釜山に通う一番の理由はそれである。

友近、森田直幸、呉美保監督『酒井家のしあわせ』完成披露試写会舞台挨拶 画像
レポート

友近、森田直幸、呉美保監督『酒井家のしあわせ』完成披露試写会舞台挨拶

8月10日(木)、注目のお笑い女性芸人が初主演をつとめる映画『酒井家のしあわせ』完成披露試写会を行われた。花束贈呈役としてゲストに人気芸人のハリセンボンが登場。カメラマンを前に、キャスト以上に目立つ姿に、会場は笑いの渦に包まれた。

『酒井家のしあわせ』レビュー 画像
コラム

『酒井家のしあわせ』レビュー

夫婦っていいな、と結婚していない私はよく思う。大学2年の時に観た『アベックモンマリ』でも描かれていたけれど、言葉が無くてもお互いに理解しあっている関係というか。それは映画の中だけで描かれる理想像かもしれないけれど、交わされる言葉は少なくてもつながっていられる関係=夫婦、であってほしいなと思ったりする。

page top