『愛の流刑地』作品情報

2007年1月13日 公開の映画作品

あらすじ

ある朝ひとりの男が逮捕された。情事の果てに女性を絞殺したのだ。男の名は村尾菊治(豊川悦司)。菊治はかつて恋愛小説の旗手として注目された作家だったが、今では世間から忘れられた存在だった。菊治は自分のファンだという人妻・冬香(寺島しのぶ)と出会い、恋に落ちた。愛されることを知らずに生きてきた冬香。逢瀬の度に心と躰を烈しく求め合う2人。そして冬香の求めに応じ、菊治は冬香を殺めてしまう。「愛しているから殺した」――事件を担当する女性検事・織部美雪(長谷川京子)は、菊治の言葉に困惑しながらも真相を探っていく…。愛の果てに辿り着ける、男と女の“至高の純愛”を描いたラブストーリー。原作は、ベストセラー作家渡辺淳一が、男と女の根源的な相違をテーマに、深遠な愛を描いた恋愛小説「愛の流刑地」。日本経済新聞で連載された同作は、その過激さゆえ、賛否両論を巻き起こすなど、まさに日本中を“愛ルケ”現象で覆いつくした。

スタッフ

監督

鶴橋康夫

キャスト

  • 豊川悦司
  • 寺島しのぶ
  • 長谷川京子
  • 仲村トオル
  • 佐藤浩市

作品データ

  • 2007年1月13日より日劇PLEXほかにて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2006「愛の流刑地」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top