『いちばんきれいな水』作品情報

2006年10月7日 公開の映画作品

あらすじ

小学6年生の夏美(菅野莉央)には、難しい病気で11年間眠ったままの姉・愛(加藤ローサ)がいる。いばら姫のように美しく眠る愛を中心に、父と母の4人で、それでも穏やかに暮らしている。しかし、夏休みのある日、母・陽子(南果歩)の妹でカメラマンの真理子(カヒミ・カリィ)が、遠く南米の地で事故に巻き込まれたという連絡が入る。夏美を残し、慌しく現地へ出発する両親。姉妹が生まれて初めて2人きりになった夜に、奇跡は起こる! 愛が突然目を覚ましたのだ。いつの間にか19歳になったことに戸惑う愛。そして、心は8歳のままの無邪気な姉に振り回される夏美。失った時間を埋めるように、2人だけのかけがえのない3日間の冒険が始まる――。原作は、古屋兎丸の同名短篇コミック。無邪気な姉と真面目な妹の、どこかちぐはぐした、でもウキウキした気分と、やがて心の通い合うまでの姿を、時に繊細に、時に水中での大胆な演出で瑞々しく映像化。

スタッフ

監督

ウスイヒロシ

キャスト

作品データ

  • 2006年10月7日よりユナイテッド・シネマ豊洲、渋谷シネクイントほか全国にて順次公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©2006「いちばんきれいな水」フィルムパートナーズ
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top