『孔雀 我が家の風景』作品情報

2007年2月17日 公開の映画作品

あらすじ

文革がようやく終わりを告げた1970年代後半。感受性が鋭く、自由に憧れるウェイホン(チャン・チンチュー)は突飛な行動が多く、家族の中で浮き上がっている。ある日ウェイホンは、空から降ってきた落下傘部隊の将校に出会い、恋心を抱く。入隊を志願するウェイホンであったが認められず、落ち込んだ彼女は自前で落下傘を縫い合わせ、自転車の後部につけて町中を走り回る。彼女の兄・ウェイクオ(ファン・リー)は、幼児の頃の脳感染が原因で精神障害を患っていた。兄の世話を負担に感じたウェイホンと弟・ウェイチャン(ルゥ・ユウライ)は、ある夜、兄にネズミ駆除の毒薬を飲ませようとするが、母親に見つかってしまう。母親は何も叱らない代わりに、翌朝の食卓の席で、同じ毒をアヒルに飲ませ、もがきながら死んでいく姿を家族に見せつける。やがてウェイチャンは、兄が中心の家族から逃れたいと思い、故郷の町を飛び出す。それから数年経ったある冬。動物園に集まった家族の前で、一羽の孔雀が羽を広げる――。中国の小都市で暮らすある家族の3人の子供たちを主人公に、夢、成長、挫折を描く。クー・チャンウェイの初監督作となった本作は、2005年ベルリン映画祭銀熊賞受賞作品。

スタッフ

監督

クー・チャンウェイ

キャスト

作品データ

  • 2007年2月17日より渋谷Q-AXほか全国にて順次公開
  • 原題PEACOCK / 孔雀
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top