『低開発の記憶―メモリアス―』作品情報

2007年5月26日 公開の映画作品

あらすじ

1961年、キューバの首都・ハバナ。煩わしい妻や家族らが出国する中、「これで小説が書ける」と、ひとりハバナに留まる決意をした資産家セルヒオ。経済的にも精神的にも「低開発」だとキューバを傍観していた彼は、社会と人々が変化して行く中で、すがるように人生の記憶を辿りはじめる。ピッグス湾からミサイル危機までの社会背景を映し出す、貴重なドキュメンタリー映像も織り込まれた、キューバ不朽の名作。

スタッフ

監督

トマス・グティエレス・アレア

キャスト

作品データ

  • 2007年5月26日より、ユーロスペースにてレイトショー公開
  • 原題Memorias del Subdesarrollo
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top