『毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト』作品情報

2007年5月26日 公開の映画作品

あらすじ

1958年、ニューヨーク。裕福な家庭に育ったダイアン・アーバス(ニコール・キッドマン)は、ファッション・カメラマンである夫・アラン(タイ・バーレル)のアシスタントとして働きながら、心の中には常に自分のいる世界に居心地の悪さと不安を感じていた。そんなある夜、コートやマントで全身を覆い、目の部分だけがくりぬかれたマスクを被った男・ライオネル(ロバート・ダウニーJr.)がダイアンの隣に越してくる。この男の異形に激しく心を奪われたダイアンは意を決し、カメラを手に彼の部屋のベルを鳴らす。扉を開いた“運命の男”に隠された秘密は、彼女の好奇心を欲望へと駆り立てていく――。ニューヨークにおける現代アートに衝撃を与えた伝説の写真家ダイアン・アーバスを描いた問題作。

スタッフ

監督

スティーヴン・シャインバーグ

キャスト

作品データ

  • 2007年5月26日よりシネマGAGA!ほか全国にて公開
  • 原題FUR: AN IMAGINARY PORTRAIT OF DIANE ARBUS
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©MM? NEW LINE CINEMA PICTUREHOUSE HOLDINGS,INC./HBO PICTUREHOUSE HOLDINGS,INC.ALL RIGHTS RESERVED.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト』関連記事

自身に潜む芸術性と感情をエロティックに解放するダイアン・アーバスの物語 画像
コラム

自身に潜む芸術性と感情をエロティックに解放するダイアン・アーバスの物語

『セクレタリー』('02)でSM行為に耽る上司と自傷癖のある秘書の関係を描き、世界から注目を浴びたスティーヴン・シャインバーグ監督。彼が次の題材に選んだのは伝説の写真家ダイアン・アーバスだ。パトリシア・ボズワースの伝記「炎のごとく 写真家ダイアン・アーバス」をベースにした芸術と愛とエロスの物語であるが、いわゆる伝記風に仕上げるのではなく事実に虚構をアレンジ。貞淑な写真家の妻が多毛症の隣人と出会うことで自身の中にある芸術性と感情を解放していく姿をエロティックに美しく炙り出していく。

ニコール・キッドマンが全てをさらけ出す『毛皮のエロス』公開初日決定 画像
スクープ

ニコール・キッドマンが全てをさらけ出す『毛皮のエロス』公開初日決定

その異形の男との出会いが彼女にカメラを手に取らせ、やがて妄想は欲望と化した——。既存の美醜の概念に挑戦し、過激な写真技術と題材でポートレイト写真の意味を変革したとまで言われる、実在の女流写真家、ダイアン・アーバス。彼女の写真家としての覚醒、そして全てを捧げるに至るまでの過程を、魅惑的な映像とともに描いた『毛皮のエロス ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト』の公開初日が5月26日(土)に決定した。

page top