『カンバセーションズ』作品情報

2007年2月3日 公開の映画作品

あらすじ

結婚式のパーティで声を掛け合う男(アーロン・エッカート)と女(ヘレナ・ボナム・カーター)。最初はぎこちなく言葉を交わすだけだったが会話が進むにつれて徐々に2人の過去が明らかになってくる。夜もふけ、昔の思い出話をするなかで2人の感情は高まっていき、一夜を共にすることに。しかしお互い軽い気持ちで声を掛けたはずなのに、昔の恋人との再会は予想もしていなかった激しい情熱と後悔の念を2人にもたらすことになる。再会に揺れ動く男女の心の機微を斬新な演出とカメラワークで描いたラブストーリー。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

ハンス・カノーザ

キャスト

作品データ

  • 2007年2月3日よりシネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開
  • 原題Conversations with Other Women
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット©CONVERSATIONS WITH OTHER WOMEN LLC ALL RIGHTS RESERVED.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『カンバセーションズ』関連記事

アメリカのハイブランド「BCBG MAXAZRIA」×『カンバセーションズ』ドレスフェア開催 画像
スクープ

アメリカのハイブランド「BCBG MAXAZRIA」×『カンバセーションズ』ドレスフェア開催

マンハッタンでのウエディング・パーティで10年ぶりに再会したかつての恋人同士。この再会は偶然? それとも必然? ぎこちない会話の中で、互いの心を探り合う2人。そしてラストダンスも終わり、夜明けまで数時間…。やがて止まっていた時計の針が動き始める——。

あのハリーたちが5年生に…『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』7月21日公開初日決定 画像
スクープ

あのハリーたちが5年生に…『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』7月21日公開初日決定

大人気のファンタジー第5章『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』の日本公開初日が7月21日(土)に決定した。デヴィッド・イェーツが監督を務める本作には、『カンバセーションズ』のヘレナ・ボナム=カーターや、『ヴェラ・ドレイク』のイメルダ・スタウントンなどが演じる新キャラクターも登場し、英米ではひと足早く7月13日に公開される。

“男ってずるい”そう思ってしまうのは自分が女だから? 『カンバセーションズ』レビュー 画像
コラム

“男ってずるい”そう思ってしまうのは自分が女だから? 『カンバセーションズ』レビュー

『カンバセーションズ』のアーロン(・エッカート)はどう見ても、ヘレナ(・ボナム=カーター)扮する昔の彼女に未練たらたらだ。「最近まで君の姿を探していた」だの、「初めて会った頃は…」だの言いまくる。そのくせ、ヘレナがいなくなってしまったら、そんな未練は吹き飛ばして若い彼女のところに平然と戻るのだ、きっと。

もし10年ぶりに恋人に再会したら——?『カンバセーションズ』2月3日公開初日決定 画像
スクープ

もし10年ぶりに恋人に再会したら——?『カンバセーションズ』2月3日公開初日決定

マンハッタンのクラシックなホテルで開かれたウェディング・パーティ。10年ぶりに再会したかつての恋人。ぎこちない会話を交わしながら2人の心は戻るはずのない過去へと巡る。ラストダンスも終わり夜明けまで数時間。この気持ちは懐かしさ? それともまだ想ってるの?

page top