『恋とスフレと娘とわたし』作品情報

2007年9月1日 公開の映画作品

あらすじ

L.A.でスウィーツショップを経営するダフネ(ダイアン・キートン)。若くして夫と死別した彼女には、女手ひとりで育て上げた3人の娘がいる。堅実な精神科医の長女・マギー、セクシーな次女・メイ、おっちょこちょいの三女・ミリー(マンディ・ムーア)とは友達のような楽しい関係を築いている。ダフネにとっては娘たちの幸せな結婚だけが唯一の夢で、自身は恋愛とはまったく無縁の生活を送っていた。姉2人は無事結婚し、あとは末娘・ミリーの行く末を案じるばかり。得意の料理を活かして人気ケータリングショップでシェフとして働きながらも、なかなかまともな彼氏に恵まれないミリーを心配し、ダフネは彼女に内緒で花婿候補募集のWEB広告を出すことに…。『恋愛適齢期』のダイアン・キートンが娘のために奮闘する母親を好演する、ロマンチック・コメディ。

スタッフ

キャスト

作品データ

  • 2007年9月1日よりシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開
  • 原題Because I Said So
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top