『朧の森に棲む鬼』作品情報

2007年10月6日 公開の映画作品

あらすじ

いにしえの神々が棲む森に現れたライ(市川染五郎)とその弟分のキンタ(阿部サダヲ)。野心に満ち溢れた彼らの前に森の魔物たち――オボロが現れる。この国の王になりたいというライの望みに対しオボロはライの命を見返りに叶えてやると約束する。オボロからライに渡される一本の剣。そこから血塗られたライの戦いが始まる――。

スタッフ

監督

いのうえひでのり

キャスト

作品データ

  • 2007年10月6日より全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『朧の森に棲む鬼』関連記事

「『朧』をやるということはずっとやること」劇団☆新感線×市川染五郎の決意表明 画像
レポート

「『朧』をやるということはずっとやること」劇団☆新感線×市川染五郎の決意表明

舞台のライブ感をそのままスクリーンに映し出した「劇団☆新感線」によるゲキ×シネ。舞台とも映画とも違う新しいエンターテイメントとしてじわじわと認知度を上げているゲキ×シネの最新作『朧の森に棲む鬼』が10月6日に(土)に初日を迎えた。『髑髏城の七人〜アオドクロ 』以来の劇団☆新感線への出演となる市川染五郎が舞台挨拶を行った。

染五郎が悪と色気に満ちた人間くさい悪役を演じた『朧の森に棲む鬼』 画像
インタビュー

染五郎が悪と色気に満ちた人間くさい悪役を演じた『朧の森に棲む鬼』

歌舞伎俳優、市川染五郎の活躍の場はとどまることを知らない。伝統芸能の枠を越え、映画、ドラマ、現代劇とさまざまな舞台で魅力を発揮し、今年頭に公演された「劇団☆新感線」とタッグを組んだ舞台「朧の森に棲む鬼」では、野心に満ちた“悪男”ライを演じ話題となった。本作が、舞台と映像の魅力が融合した「ゲキ×シネ」として10月6日(土)より全国公開される。市川染五郎がみせるのは、色気を兼ね備えた究極の悪! 多忙な中、時間を割いてもらい、『朧の森に棲む鬼』の面白さとゲキ×シネの凄さについてインタビューした。

鬼メイクで登場の染五郎を阿部サダヲが褒め殺し! 『朧の森に棲む鬼』完成披露試写会 画像
レポート

鬼メイクで登場の染五郎を阿部サダヲが褒め殺し! 『朧の森に棲む鬼』完成披露試写会

最新のデジタルシネマの技術を駆使して演劇を収録し、映画館で上映するという新しいスタイルのエンターテイメントとして注目を浴びる“ゲキ×シネ”。その第5弾として10月6日(土)より全国のスクリーンで公開されるのが、東京、大阪の公演で7万人を動員した「劇団☆新感線」による傑作舞台を15台のデジタルシネマカメラで撮影した『朧の森に棲む鬼』。8月21日(火)、本作の完成披露試写会が開催され、舞台挨拶に主演の市川染五郎、阿部サダヲ、真木よう子、そして本作の舞台をはじめとする「劇団☆新感線」の作品の演出を務めるいのうえひでのりが登壇した。

page top