『春よこい』作品情報

2008年6月7日 公開の映画作品

あらすじ

昭和晩年秋、海辺の町・唐津市呼子。家族の暮らしを守るため、心ない殺人を犯してしまい逃亡中の父・修治(時任三郎)の帰りを、4年たったいまでも待ち続ける9歳の息子・ツヨシ(小清水一揮)。そんなツヨシの純粋な心を優しく包む母・芳枝(工藤夕貴)は、母子の暮らしを懸命に支えていた。そして、毎年この時期になると交番前の掲示板へ貼り出される、父の指名手配写真にそっと触れるツヨシの姿を、新聞記者の岡本(西島秀俊)に目撃され、「父ちゃん、今年もまた会えたね」という記事を書かれてしまう。それは、事件の心ないうわさを蒸し返すと共に、意外な人々による暖かな反応も呼び起こすことになる――。昭和3年の佐賀県・唐津を舞台に、逃亡犯の父を持つ息子とその母親の絆と家族愛を描く感動作。

スタッフ

監督

三枝健起

キャスト

作品データ

  • 2008年6月7日より全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 映画「春よこい」製作委員会
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top