『ダイアナの選択』作品情報

2009年3月14日 公開の映画作品

あらすじ

17歳の女子高生・ダイアナ(エヴァン・レイチェル・ウッド)は、閉鎖的な町の生活に息苦しさを感じ、もがくように自分の生き方を模索していた。そしてようやく未来に向けて新しい一歩を踏み出したと思ったとき、通っていた高校で銃乱射事件が起こる。親友のモーリーンと一緒に女子トイレにいたとき、突然踏み込んできた犯人に「どちらか一人を殺す」と言われたダイアナは、生を取るか死を取るかの究極の選択を迫られる。それから15年、事件の記憶に苛まれ、罪悪感に苦しみながらも夢に向かって歩んできたダイアナ(ユマ・サーマン)。家族と仕事、全てを手に入れた彼女は、理想の人生を築き上げたかに見えたが…。米・コネチカット州のの高校で起こった銃乱射事件の生存者、ダイアナの過去と現在を交互に描きながら、運命の日までの彼女の日常を描く。監督は『砂と霧の家』でアカデミー賞主要3部門にノミネートされた、ヴァディム・パールマン監督。

スタッフ

監督

ヴァディム・パールマン

キャスト

作品データ

  • 2009年3月14日よりシネスイッチ銀座ほか全国にて順次公開
  • 原題The Life Before Her Eyes
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
  • 公式サイト 公式サイト(英語)
ジャンル
感情タグ
page top