『シャッター』作品情報

2008年9月6日 公開の映画作品

あらすじ

挙式を済ませたばかりの新婚夫婦、ベン(ジョシュア・ジャクソン)とジェーン(レイチェル・テイラー)は、カメラマンであるベンの仕事を兼ねて日本に新婚旅行にやって来た。だが、楽しいはずのハネムーンは、夜道にたたずむ女性(奥菜恵)を轢いてしまったことから一変する。忽前と現場から姿を消す、女性。事故の後遺症らしきベンの肩の痛み、ジェーンを神経質にさせる風の音、彼らが撮った写真に写る白い滲み…。そして異国の地で孤独を感じるジェーンの前に、その女性は現れる。次々と、周囲の者が不審な死を遂げることに不安を抱くジェーンは一人で調査を始め、彼女の過去を徐々に明らかにしていく。そこには、あまりにも悲痛な過去が…。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

落合正幸

キャスト

作品データ

  • 2008年9月6日よりお台場シネマメディアージュほか全国にて公開
  • 原題SHUTTER
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 Twentieth Century Fox
  • 公式サイト 公式サイト (英語)
ジャンル
感情タグ

『シャッター』関連記事

奥菜恵「ただ怖いだけじゃない、いろんな要素のある映画」『シャッター』ついに公開 画像
レポート

奥菜恵「ただ怖いだけじゃない、いろんな要素のある映画」『シャッター』ついに公開

『パラサイト・イヴ』や『催眠』などの辣腕監督・落合正幸のハリウッド・デビュー作となる『シャッター』。タイで製作された『心霊写真』のハリウッド・リメイクで主演は、こちらもハリウッド・デビューとなる奥菜恵、ジョシュア・ジャクソン、レイチェル・テイラー。オール日本ロケを敢行した本作が9月6日(土)に公開初日を迎え、奥菜さん、落合監督と、本作のプロデューサー、一瀬隆重が舞台挨拶に登壇した。

アメリカンともジャパニーズともひと味違うホラー『シャッター』の奥菜恵に注目したい 画像
コラム

アメリカンともジャパニーズともひと味違うホラー『シャッター』の奥菜恵に注目したい

2004年製作のタイ映画『心霊写真』を、『感染』や『催眠』の落合正幸監督がハリウッドでリメイク。とは言え、オール日本ロケが敢行され、ショッキングなシーンの連続で驚かすアメリカン・ホラーとも、湿り気のある描写で鑑賞後も恐怖を持続させるジャパニーズ・ホラーともひと味違う作品に仕上がっている。

日本発! 逆輸入型ホラー『シャッター』上陸で奥菜恵が人生初レッドカーペット 画像
レポート

日本発! 逆輸入型ホラー『シャッター』上陸で奥菜恵が人生初レッドカーペット

2004年にタイで製作された映画『心霊写真』をベースに、ジャパニーズホラーの旗手がハリウッドとの共同作業で再構築し、衝撃的なホラーに仕上げた『シャッター』。全米では初登場で3位に入り、スマッシュヒットを記録した本作が9月6日(土)、満を持して日本に上陸する。8月12日(火)、本作のジャパンプレミアが開催され、落合正幸監督に一瀬隆重プロデューサー、そして本作でハリウッドデビューを果たした奥菜恵がレッドカーペットに登場した。

page top