『俺たちダンクシューター』作品情報

2008年8月9日 公開の映画作品

あらすじ

1970年代、アメリカではNBAとABAの2大プロバスケットボール・リーグが存在した。NBAが競技性や勝敗を重視するリーグだったら、ABAはエンタメリーグ。かつて甘い歌声で全米の女性を虜にした一発屋ミュージシャン、ジャッキー・ムーン(ウィル・フェレル)はその印税を元手にABAのフリント・トロピックスを買収し、オーナー、コーチ、選手を兼任するが、チームの試合はいつも閑古鳥状態。そんな折、NBAがABAの吸収を発表、上位4チームで毎試合2,000人以上の集客が出来るチームだけがNBA入りを許されることに。崖っぷちのチームを救うため、ジャッキーは元NBAの補欠選手、モニックス(ウディ・ハレルソン)やチーム唯一のスター、クラレンス(アンドレ・ベンジャミン)らと、チームを結成する。“EVERYBODY LOVE EVERYBODY”を合言葉に、生き残りと栄光を賭けた挑戦がいま、始まる!

スタッフ

監督

ケント・オルターマン

キャスト

作品データ

  • 2008年8月9日より渋谷シネマGAGA!ほか全国にて順次公開
  • 原題Semi-Pro
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジットTM and & COPY; MMVlll NEW LINE PRODUCTIONS, INC ALL RIGHTS RESERVED.
  • 公式サイト 公式サイト(英語)
ジャンル
感情タグ
page top