『シロタ家の20世紀』作品情報

2008年9月27日 公開の映画作品

あらすじ

日本国憲法に「男女平等」を書いた女性、ベアテ・シロタ・ゴードン。彼女の父、レオ・シロタは17年にわたり日本のピアニストを育てた世界的なピアニストである。だが、政治犯として消息を絶った伯父のヴィクトル、音楽プロデューサーとして活躍するもアウシュビッツに送られた叔父のピエール、そしてノルマンディで戦死した従兄弟のイゴールなど、シロタ一家は戦争と迫害の20世紀の縮図のような運命をたどってきた。彼らの人生の記録とともに、ベアテ氏による平和への思いが今、語られる。

スタッフ

監督

藤原智子

キャスト

作品データ

  • 2008年9月27日より岩波ホールにて限定公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 「シロタ家の20世紀」上映委員会. All rights reserved.
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top