『帝国オーケストラ ディレクターズカット版』作品情報

2008年11月1日 公開の映画作品

あらすじ

私たちはただ“演奏”を続けたかっただけなのです――。ヒトラー政権下、当時の芸術監督であった指揮者、フルトヴェングラー率いるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とナチスの関係を、実際の映像記録とインタビューを基に解き明かしていくドキュメンタリー。2007年ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団125周年式典で上映された『帝国オーケストラー』のディレクターズカット版が、世界初上映される。

スタッフ

監督

エンリケ・サンチェス・ランチ

キャスト

作品データ

  • 2008年11月1日より渋谷ユーロスペースほか全国にて順次公開
  • 原題DAS REICHSORCHESTER - DIE BERLINER PHILHARMONIKER UND DER NATIONALSOZIALISMUS
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© SV Bilderdienst
  • 関連サイト
ジャンル
感情タグ
page top