『空へ ―救いの翼 RESCUE WINGS―』作品情報

2008年12月13日 公開の映画作品

あらすじ

母を救った航空救難団に憧れ、女性初の救難ヘリ「UH-60J」の新人パイロットとなった川島遥風(高山侑子)。彼女を待ち受けていたのは、過酷な訓練や感傷を捨てなければ全う出来ない人命救出の任務。時には、荒れ狂う海で、突風渦巻く断崖で、強風吹きすさぶ離島で…。彼女は、葛藤しながら“救えないこと”の辛さをも乗り越え、救難ヘリ操縦士としての覚悟と誇りを育んでいく。そんなある日、戦闘機「F-15J」が突然レーダーから消えたとの連絡が入る。遭難したパイロットの救出に向かった遥風は、残された燃料のリミットと闘いながら、命がけのミッションに突き進んでいく――。航空自衛隊、航空救難団を舞台に、ダイナミックかつリアルなレスキュー・アクションが展開される。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

手塚昌明

キャスト

作品データ

  • 2008年12月13日より角川シネマ新宿ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 「空へ−救いの翼 RESCUE WINGS−」製作委員会
  • 公式サイト オフィシャルブログ
ジャンル
感情タグ
page top