『制服サバイガール I』作品情報

2008年12月6日 公開の映画作品

あらすじ

17歳のさくら(飛鳥凛)は、仲間6人と共に仲間の一人、葵(仲村みう)の叔父が経営するテーマパーク“サバイバルランド”へ遊びに行くことに。そこは、忍者や侍、ガンマンに扮した敵とリアルなシューティングゲームが体験できる場所。敵は狡猾な男たちだが、攻撃してくることはなく安心して楽しめる。7人はそれぞれコスプレをして武器を持ち、ゲームが開始された。彼女たちは、敵役を打ち倒していき、ゲームを楽しんでいた。だが、敵役の1人が突然、敵味方関係なく攻撃を始める。我を忘れた相手に戸惑い、恐れをなす7人。さらに、その敵に殺された者はゾンビとして甦り始める。こうして、閉鎖されたテーマパークの中で女子高生7人の生き残りをかけた壮絶なリアル・サバイバルゲームが始まった――。『制服サバイガール』シリーズ第1弾。

スタッフ

監督

金子大志

キャスト

作品データ

  • 2008年12月6日よりキネカ大森にて2週間限定公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2008 アートポート
ジャンル
感情タグ
page top