『いのちの戦場 -アルジェリア1959-』作品情報

2009年2月28日 公開の映画作品

あらすじ

1959年、アルジェリアではフランスの支配からの独立を求めるゲリラ(フェラガ)とフランス軍との激しい戦闘が続いていた。新しく赴任してきたテリアン中尉(ブノワ・マジメル)は、殺戮の泥沼に息をのむ。常態化する拷問と虐殺…。戦場に不慣れなテリアンは、歴戦の兵士たちの残虐さを軽蔑し、人間的にふるまおうとする。だが、自らの部隊を率いて数々の修羅場を経験し、苦い失敗や部下の喪失を繰り返すうちに、テリアンは次第に理性を失っていく。やがて、最後に彼が遭遇した敵の顔には、見覚えのある面影が――。『ピアニスト』でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を最年少で受賞した、フランスを代表する実力派俳優、ブノワ・マジメルが初めて立案から映画製作に挑んだ。2007年トロント国際映画祭正式出品作品。

cocoレビューを見る

スタッフ

監督

フローラン・エミリオ・シリ

キャスト

  • ブノワ・マジメル
  • アルベール・デュポンテル
  • モハメッド・フラッグ

作品データ

  • 2009年2月28日より渋谷シアターTSUTAYA、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開
  • 原題L’ENNEMI INTIME / INTIMATE ENEMIES
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2007 LES FILMS DU KIOSQUE - SND - FRANCE 2 CINEMA
ジャンル
感情タグ
page top