『倫敦から来た男』作品情報

2009年12月12日 公開の映画作品

あらすじ

果てることない海のそば。鉄道員のマロワンは、毎晩「ガラスの檻」のようなコントロール・ルームから、漆黒の港と駅を見下ろしていた。ある夜、偶然にも殺人を目撃してしまったことから、マロワンの運命が大きく歪んでゆく――。原作者は「メグレ警視」シリーズの文豪ジョルジュ・シムノン。彼の隠れた名作「倫敦から来た男」を、熱狂的なファンを持つハンガリーの鬼才、タル・ベーラ監督が独自のカメラワークと長回しで、丁寧に鋭く映しだす。モノクローム映像で綴る、孤高のノワール・サスペンス。

スタッフ

監督

タル・ベーラ

キャスト

  • ミロスラヴ・クロボット
  • ティルダ・スウィントン
  • エリカ・ボーク

作品データ

  • 2009年12月12日よりシアター・イメージフォーラムほか全国にて順次公開
  • 原題The Man From London
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット
ジャンル
感情タグ
page top