『カラフル』作品情報

2010年8月21日 公開の映画作品

あらすじ

「おめでとうございます、抽選にあたりました!」。突然現れた天使により“ぼく”の魂は、自殺してしまった少年“真”の体にホームステイすることになる。現世に戻る再挑戦のために、真として生活を始めた“ぼく”は、やがて彼が死を選んだわけを知る。最初は気楽なホームステイだったが、真と同じ立場で彼の生活を体験するなかで、“ぼく”はこの再挑戦の本当の意味を考え始める――。直木賞作家・森絵都のベストセラー小説をアニメ映画化。

スタッフ

監督

原恵一

キャスト

作品データ

  • 2010年8月21日より全国東宝系にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2010 森絵都/「カラフル」製作委員会
ジャンル
感情タグ

『カラフル』関連記事

“キラキラ”じゃない!きらめきと残酷さが心に刺さるエッジの効いた青春映画5選 画像
邦画ニュース

“キラキラ”じゃない!きらめきと残酷さが心に刺さるエッジの効いた青春映画5選

岡崎京子が1994年に発表した青春物語を、門脇麦、成田凌、寛一郎、玉城ティナ、村上虹郎ら若手実力派キャストで映画化した『チワワちゃん』をはじめとするエッジの効いた青春映画たちに注目した。

麻生久美子インタビュー 念願の声優初挑戦で、いじめられつつも抱いた“母性” 画像
インタビュー

麻生久美子インタビュー 念願の声優初挑戦で、いじめられつつも抱いた“母性”

麻生久美子は不思議な声で笑う。ゲラゲラでもカラカラでもなく…いったい、どんな擬音語で形容すればいいのか? “音楽”と言うと大げさだが、楽器の音色のような不思議な笑い声は優しく耳にしみこんでくる。だが皮肉なことに、初めてボイスキャストを務めたアニメーション映画『カラフル』で、彼女が演じた主人公・真の母親役は、楽しそうな笑い声を響かせるという役どころではない。ちょっぴり残念な気もするが、実は、この役こそが原恵一監督の手による本作の魅力を端的に表しているのかもしれない——。監督は彼女に何を求めたのか? DVD&ブルーレイ発売を機に改めて麻生さんに話を聞いた。

毎日映画コンクール授賞式 稲垣吾郎、極悪人役にSMAPメンバー「地が出てるね」 画像
レポート

毎日映画コンクール授賞式 稲垣吾郎、極悪人役にSMAPメンバー「地が出てるね」

第65回毎日映画コンクールの授賞式が華やかなグリーンカーペットイベントに続いて開催され、各受賞者が壇上で喜びを語った。授賞式後には報道陣向けの会見の時間もとられ、極悪非道な殿様役で男優助演賞を受賞した稲垣吾郎(『十三人の刺客』)が“悪役への目覚め”を熱く語る一幕も!

毎日映画コンクール タキシードの稲垣吾郎に大歓声!三池監督は銀色ジャケットで登場 画像
レポート

毎日映画コンクール タキシードの稲垣吾郎に大歓声!三池監督は銀色ジャケットで登場

65回目を迎える「毎日映画コンクール」授賞式が、2月8日(火)、神奈川県川崎市のミューザ川崎シンフォニーホールにて開催。昼過ぎ、授賞式の開幕に先立って、グリーンカーペットイベントが行われ、堤真一(男優主演賞)、寺島しのぶ(女優主演賞)、稲垣吾郎(男優助演賞)ら受賞者がファンの歓声に迎えられながらカーペットを闊歩した。

宮崎あおい、メガネ女子の役のアフレコ中はメガネ着用! 画像
レポート

宮崎あおい、メガネ女子の役のアフレコ中はメガネ着用!

森絵都のベストセラー小説をアニメーションで映画化した『カラフル』が8月21日(土)に公開を迎え、声優を務めた冨澤風斗、宮崎あおい、南明奈、まいける、入江甚儀、中尾明慶、麻生久美子、そして原恵一監督が色とりどりの浴衣姿で舞台挨拶を行った。

南明奈、久々に制服で授業も先生に指され困った! 画像
レポート

南明奈、久々に制服で授業も先生に指され困った!

タレントの南明奈が8月10日(火)、東京・港区のスペースFS汐留で行われた、声優を務めるアニメ映画『カラフル』の中高生試写&特別授業イベントに、原恵一監督と出席した。

男子中学生の直球質問に宮崎あおい&麻生久美子&アッキーナら大ウケ 画像
レポート

男子中学生の直球質問に宮崎あおい&麻生久美子&アッキーナら大ウケ

原恵一の最新アニメーション映画『カラフル』の完成披露試写会が7月14日(水)、東京・世田谷区の等々力中学校で行われ、声優キャストの冨澤風斗、宮崎あおい、麻生久美子、南明奈らが出席した。

page top