『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』作品情報

2010年12月4日 公開の映画作品

あらすじ

塚原安行(浅野忠信)は“戦場カメラマン”として、世界中を駆けまわってきた。帰国後、人気漫画家の園田由紀(永作博美)と結婚し、ふたりの子供も生まれるが、安行はアルコール依存症となり妻に暴力を振るうようになる。やがてふたりは離婚、安行は精神病棟への入院することに。そこで出会った人々との触れ合いと元妻の由紀の懸命な支えに安行は不思議な安堵感を覚え、穏やかな日々を取り戻すのだが…。鴨志田穣による自伝的小説を原作に、彼と彼の妻であり人気漫画家の西原理恵子ら家族たちの日常を描いた物語。

スタッフ

監督

東陽一

キャスト

  • 浅野忠信
  • 永作博美
  • 市川実日子
  • 利重剛
  • 藤岡洋介
  • 森くれあ

作品データ

  • 2010年12月4日よりシネスイッチ銀座、テアトル新宿ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』製作委員会
ジャンル
感情タグ

『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』関連記事

永作博美「報知映画賞」主演女優賞を受賞し号泣「押しつぶされそうだった」 画像
レポート

永作博美「報知映画賞」主演女優賞を受賞し号泣「押しつぶされそうだった」

女優の永作博美が12月21日(水)、都内で開催された「第36回報知映画賞」表彰式に出席。『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』、『八日目の蝉』での熱演が高く評価されて「生まれて初めての主演賞です」(永作さん)。特に『八日目の蝉』への思い入れは格別のようで、共演した子役・渡邉このみちゃんから花束を手渡されると、「この子がかわいい分、罪悪感も増してしまって、撮影中は押しつぶされそうだった。いま思い出しても泣けてきます」と感極まり号泣する場面もあった。

【シネマモード】今年、映像界を賑やかにしてくれた人 画像
コラム

【シネマモード】今年、映像界を賑やかにしてくれた人

最近は、邦画を観る方が増えてきました。そのせいか、日本での映画作りも盛り上がり続けているここ数年。そんな中で、オリジナリティ溢れる映画作品に大いに貢献している女性がいます。人気漫画家の西原恵理子さん。彼女の個性的な作品群は、オリジナリティ溢れる原作を求める映画関係者には、とにかく魅力的なのでしょう。昨年は『いけちゃんとぼく』、『女の子ものがたり』が映画に。ただ、面白いのは彼女自身、TVコメンテーターとして、歯に衣着せぬ率直な言葉で世相を斬り、人気を博してもいるところ。彼女の作品のみならず、彼女自身の生き様が個性的で興味深いということなのでしょう。

浅野忠信 妻に迷惑かける役に「僕もその通りだった、ちょうどいい」 画像
レポート

浅野忠信 妻に迷惑かける役に「僕もその通りだった、ちょうどいい」

映画『酔いがさめたら、家に帰ろう。』の完成報告会見が10月12日(火)、都内のホテル西洋銀座で行われ、主演の浅野忠信、永作博美、東陽一監督が出席した。

永作博美、自分の中に蛇が「間違いなく潜んでいる」 画像
レポート

永作博美、自分の中に蛇が「間違いなく潜んでいる」

女優の永作博美が2月23日(火)、東京・帝国ホテルで行われたWOWOWの主演ドラマ「蛇のひと」の発表会見に、ブルガリの約450万円相当のジュエリーを付けて登場した。

page top