『人生万歳!』作品情報

2010年12月11日 公開の映画作品

あらすじ

偏屈な人間嫌いの物理学者・ボリス(ラリー・デヴィッド)は、豊かで優雅な上流階級の暮らしを捨てて、ボヘミアンな生活を始める。ある日南部から来た家出娘・メロディ(エヴァン・レイチェル・ウッド)を親切心から家に招き入れたことで、2人は意気投合。年の差を越えて結婚する。ある日、2人の前にメロディの母親が現れ…。ウディ・アレン監督の記念すべき40作品目を飾るロマンティック・コメディ。

スタッフ

監督

ウディ・アレン

キャスト

作品データ

  • 2010年12月11日より恵比寿ガーデンシネマほか全国順次公開
  • 原題Whatever Works
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2009 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.
ジャンル
感情タグ

『人生万歳!』関連記事

エヴァン・レイチェル・ウッド、バイセクシャルをカミングアウト 画像
ゴシップ

エヴァン・レイチェル・ウッド、バイセクシャルをカミングアウト

『レスラー』、『人生万歳!』に出演し、マリリン・マンソンの元婚約者でもあったエヴァン・レイチェル・ウッドがバイセクシャルであることを告白した。

恵比寿ガーデンシネマがW・アレン新作で17年の歴史に幕 歴代No.1ヒット作は? 画像
スクープ

恵比寿ガーデンシネマがW・アレン新作で17年の歴史に幕 歴代No.1ヒット作は?

1994年に恵比寿にオープンし、世界各国の秀作を上映し続けてきた単館系シアター「恵比寿ガーデンシネマ」が2011年1月28日(金)に休館し、17年間の歴史に幕を閉じることが発表された。

ウディ・アレン インタビュー 「ニューヨークを舞台にあと50本は作ることができるよ」 画像
インタビュー

ウディ・アレン インタビュー 「ニューヨークを舞台にあと50本は作ることができるよ」

つい先日、75歳の誕生日を迎えたウディ・アレンだが、その創作意欲は衰えることを知らない。何せここ十数年、1年に1本というペースで新作を世に送り出しているのだ。歳をとって偏屈になった? いや、彼が偏屈者なのは数十年も前からのこと! そんな彼が2004年の『メリンダとメリンダ』以来となる全編ニューヨークでの撮影を敢行して作り上げたのが、まもなく公開となる『人生万歳!』。原題は「Whatever Works」——つまり「うまくいくなら何でもアリ」。皮肉屋の監督がそこに込めた意味は? さらに、ヒロイン役のエヴァン・レイチェル・ウッドの意外な(?)魅力とは——? ウディ・アレンがたっぷりと語ってくれた。

【ハリウッドより愛をこめて】ウディ・アレンがぼやき節! マイケル遺児は学校へ? 画像
コラム

【ハリウッドより愛をこめて】ウディ・アレンがぼやき節! マイケル遺児は学校へ?

みなさん、こんにちは! 秋の訪れを感じていますか? L.A.ではいまだに一日中暖かい日が続いていますが、最近は朝の空気がとても冷たくなってきました。それはさておき、ゴシップの時間です!

page top