『ハードロマンチッカー』作品情報

2011年11月26日 公開の映画作品

あらすじ

山口県下関。在日韓国人2世のグー(松田翔太)は高校を中退しフリーターをしている。幼い頃から顔なじみの暴力団組員(真木蔵人)に物騒な物を押し付けられたり、下関署の刑事(渡部篤郎)に絡まれる日々を送っていた。若者たちの行き場のない暴力が蔓延するこの街で、その喧騒に巻き込まれながら、グーは国籍ではなく自分のルーツを基点に自身の周囲にある善悪について考えていく…。

スタッフ

監督

グ・スーヨン

キャスト

作品データ

  • 2011年11月26日より全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2011「ハードロマンチッカー」製作委員会
ジャンル
感情タグ

『ハードロマンチッカー』関連記事

永山絢斗、現場での松田翔太は「“鬼”のようだった」 画像
レポート

永山絢斗、現場での松田翔太は「“鬼”のようだった」

暴力にまみれた男たちの日常を描いた『ハードロマンチッカー』が11月26日(土)、公開初日を迎え、東京・丸の内TOEIにて主演の松田翔太を始め、永山絢斗、柄本時生、遠藤要らキャスト陣に加え、グ・スーヨン監督が舞台挨拶に登壇した。

『ハードロマンチッカー』永山絢斗インタビュー “暴力”の渦の中で感じた自らの変化  画像
インタビュー

『ハードロマンチッカー』永山絢斗インタビュー “暴力”の渦の中で感じた自らの変化 

永山絢斗と撲殺。何だか似合わない組み合わせだが、この男が暴力に次ぐ暴力の連鎖の口火を切る。目的はガールフレンドをボコボコにした不良への復讐。しかもターゲットは本人ではなく仇相手の祖母である。「あっという間に人の命を奪えるし、奪われちゃうものなんだなと思った」というのが“一線を越えた”永山さんの感想。決して出演シーンは多くないが、映画『ハードロマンチッカー』で永山さんは確実にこれまでとは違った新たな一面をさらけ出している。退廃の香りが漂う町で、暴力の果てに永山さんは何を見たのか?

【TIFFレポート】松田翔太、主演作上映前に「良くなかったら出てっていいです」 画像
レポート

【TIFFレポート】松田翔太、主演作上映前に「良くなかったら出てっていいです」

松田翔太主演のバイオレンス・アクション『ハードロマンチッカー』が第24回東京国際映画祭の特別招待作品として10月26日(水)に上映され、松田さんを始め、共演の永山絢斗、遠藤要、渡部篤郎、主題歌「13 new ache」を歌う「黒夢」の清春と人時、メガホンを握ったグ・スーヨン監督が舞台挨拶に登壇した。

金髪&傷だらけの松田翔太! 『ハードロマンチッカー』衝撃的ポスターが到着  画像
スクープ

金髪&傷だらけの松田翔太! 『ハードロマンチッカー』衝撃的ポスターが到着

松田翔太主演の『ハードロマンチッカー』の“傷だらけ”のポスター画像が解禁。金髪で血まみれの松田さんの衝撃的な姿が明らかになった。

page top