『アリス・クリードの失踪』作品情報

2011年6月11日 公開の映画作品

あらすじ

若い男と中年男の2人は綿密に練った計画の下、富豪の娘アリス・グリードを誘拐する。監禁状態のアリスは、絶対的な恐怖の中、生き抜く希望を持ち続けた。そんな中、首謀者の中年男が外出した際に反撃を試みたアリスだったが、共犯の男が驚愕の事実を口にする。そして、その瞬間から誘拐犯とアリスの関係がねじれ始め、3人の力関係が目まぐるしく変化する。200万ポンドの大金を得るための用意周到な誘拐計画が、3人の生き残りをかけた戦いへ変わっていく――。

スタッフ

監督

J・ブレイクソン

キャスト

  • ジェマ・アータートン
  • マーティン・コムストン
  • エディ・マーサン

作品データ

  • 2011年6月11日よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国にて順次公開
  • 原題The Disappearance of ALICE CREED
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© CINEMANX FILMS TWO LIMITED 2009
ジャンル
感情タグ

『アリス・クリードの失踪』関連記事

UK出身の若き注目株、マーティン・コムストン『アリス・クリードの失踪』インタビュー 画像
インタビュー

UK出身の若き注目株、マーティン・コムストン『アリス・クリードの失踪』インタビュー

登場人物はたったの3人。人質の女性1人に若い男と中年男の誘拐犯、謎に満ちたそれぞれの思惑と欲望が渦巻く、傑作サスペンスがイギリスから誕生した。遊び心が垣間見える、巧みな演出で観る者を翻弄するのは、新鋭監督J・ブレイクソン。そんな彼が何よりこだわり抜いたのが、登場人物3人のキャスティングだ。中でも難航したというのが、“嘘”の網の中心に自ら呑み込まれていく、若い誘拐犯・ダニー役。議論の末に、この大役を委ねられたのは、名匠ケン・ローチに見出された若手俳優、マーティン・コムストン。彼がこの役を射止めた所以は? そして、マーティン自身が語る男・ダニーとは——?

“嘘”を見抜ける…? 『アリス・クリードの失踪』4サイト連動キャンペーン開催! 画像
スクープ

“嘘”を見抜ける…? 『アリス・クリードの失踪』4サイト連動キャンペーン開催!

ダニー・ボイル、クリストファー・ノーランに続いてイギリスから誕生した、若き新鋭、J・ブレイクソンが贈る、緊迫のクライムサスペンス『アリス・クリードの失踪』が、6月11日(土)より日本公開となる。これを記念して、本作の独特な世界観をひと足早く楽しめる4つの映像をめぐる、『アリス・クリードの失踪』4サイト連動キャンペーンが本日よりスタートした。

page top