『運命の子』作品情報

2011年12月23日 公開の映画作品

あらすじ

国・春秋時代、歴史的な事件に巻き込まれ、ただひとり生き残った一族の遺児、そして過酷な運命とその命をつないでいく人々の希望を描いた一大歴史ロマン。原作は2000年以上の長きに渡り語り継がれる物語「趙氏孤児」。歴史的・学術的重要性が認められている司馬遷「史記」<趙世家>に記載され、京劇としても、いまもなお人気を博す今作が、初めて映画化される。

スタッフ

監督

チェン・カイコー

キャスト

作品データ

  • 2011年12月23日よりBunkamuraル・シネマにて公開
  • 原題趙氏孤児/SACRIFICE
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© Shanghai Film Group Co., Ltd. Shanghai Film Studio/TIK FILMS/Stellar Mega Films Co., Ltd. /21 Century Shengkai Film
ジャンル
感情タグ

『運命の子』関連記事

5月より撮影の続く『アイアンマン3』、北京ロケがスタート 画像
ゴシップ

5月より撮影の続く『アイアンマン3』、北京ロケがスタート

『アイアンマン3』の北京ロケが今日10日(現地時間)から開始されることが映画サイト「Deadline.com」によって明らかになった。

『運命の子』ファン・ビンビン&チェン・カイコー監督が語る、“母”の強さ、偉大さ 画像
インタビュー

『運命の子』ファン・ビンビン&チェン・カイコー監督が語る、“母”の強さ、偉大さ

『さらば、わが愛 覇王別姫』でその名を世界に知らしめ、数々の“愛”を美しき映像と共に描いてきた中国の巨匠、チェン・カイコー監督の最新作『運命の子』がまもなく公開される。約2,600年前の中国・春秋時代、晋の国を舞台に、ただ一人残された趙一族の子をめぐる愛憎渦巻く「命」の物語。その中で、揺るぎない強さと愛を示す“母”を演じた絶世の美女ファン・ビンビンと監督のコメント映像が届いた。

チェン・カイコー監督が日中友好アピール SMAP北京公演にも足を運んだことを告白 画像
レポート

チェン・カイコー監督が日中友好アピール SMAP北京公演にも足を運んだことを告白

映画監督のチェン・カイコーが12月公開の『運命の子』を携えて来日し、11月4日(金)に都内で記者会見を行なった。

【シネマモード】「派手」でなく「華やか」に ファン・ビンビンの“上品”テクニック 画像
コラム

【シネマモード】「派手」でなく「華やか」に ファン・ビンビンの“上品”テクニック

去る10月30日(日)、閉幕した第24回東京国際映画祭。今年も世界、日本、アジアの秀作が揃い、映画好きにはたまらない1週間となりました。作品だけでなく、多くの方が楽しみにしているのが、ゲストたちのファッション。特に、オープニングを飾るグリーンカーペットは、注目の的です。ブラックのベアトップドレスで登場したミラ・ジョヴォヴィッチ、シックな黒のフルレングスを纏った榮倉奈々、仲里依紗の真っ赤なオフショルダーワンピース、黒木メイサのミニドレス、江角マキコの和装姿など、美女たちの競演に沿道に集まった観客たちも大満足の様子でした。

page top