『美が私たちの決断を一層強めたのだろう/足立正生』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

政治的な前衛映画監督たちを被写体にしたドキュメンタリー・シリーズの第一弾となる本作は、1960年代に鮮烈な映画を次々と世に生み出し、若手芸術家の筆頭として注目されるも、やがて革命に身を投じた足立正生のポートレートである。本作の中で自らの過去を振り返り「革命なのか映画なのか、僕にとって全く一つの事だった」と語る、足立正生の映画と革命についての言葉を、本作の監督であり、撮影全てを担当したフィリップ・グランドリューは独特の詩的映像表現で描き切っている。

スタッフ

監督

フィリップ・グランドリュー

キャスト

  • 足立正生
  • 小野沢稔彦

作品データ

  • 2012年12月1日より渋谷アップリンクにて公開
  • 原題Il se peut que la beauté ait renforcé notre résolution / Masao Adachi
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2011 EPILEPTIC FILM
ジャンル
感情タグ
page top