『奇跡のひと マリーとマルグリット』作品情報

2015年6月6日 公開の映画作品

あらすじ

19世紀末のフランス・ポアティエ。聴覚障がいをもつ少女たちのための学院を併設する修道院に、生まれつき目も耳も不自由な少女マリーがやってくる。しつけも教育も受けずに育ってきたマリーは野生動物のように獰猛で、誰にも心を開かない。不治の病を抱え、近づく死の気配を感じながら日々を過ごす修道女マルグリットは、自らマリーの教育係を申し出る。限られた時間のなかで彼女に「世界」を与えようと、むきだしの魂がぶつかりあう「戦い」と呼ぶべき教育が始まった。閉ざされた世界で何も知らずに生きるマリーに根気強く向き合ううちに奇跡は起きた。マリーが言葉を理解したのだ。やがてマリーは、深い愛情とともに学ぶことの喜びを与えてくれたマルグリットと強い絆で結ばれてゆくが、マルグリットの“命の期限”はすでに目前に迫っていた――。

スタッフ

監督

ジャン=ピエール・アメリス

キャスト

  • イザベル・カレ
  • アリアーナ・リヴォアール

作品データ

  • 2015年6月6日よりシネスイッチ銀座ほか全国にて公開
  • 原題
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2014 - Escazal Films / France 3 Cinema - Rhone-Alpes Cinema
ジャンル
感情タグ
page top