『ロイヤル・コンセルトヘボウ オーケストラがやって来る』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

英グラモフォン誌が世界のオーケストラ2014年第1位に選出した、ベルリン・フィル、ウィーン・フィルと並ぶ世界三大オーケストラである、オランダのロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団。国王からロイヤルの称号を与えられた王室御用達のオーケストラだ。2013年、創立125周年を記念するワールドツアー。それはオーケストラの楽団員たちにとって、世界中の人びととふれあい、限りない音楽の力を再発見する旅だった。旅の途中で出会った、アルゼンチンのタクシー運転手の孤独、南アフリカの貧困地域に暮らす黒人の少女の不安、コンサートに集う彼らの人生にロイヤル・コンセルトヘボウの演奏が重なる時、音楽は人びとに歓びを与え、励まし、郷愁をさそい、記憶を癒す。そしてひとりひとりの心の奥深くで、かけがえのない糧になる。彼らの音楽は、世界中の人びとの心をゆり動かす―。世界ナンバーワン オーケストラでありながら、飾らず、ひたむきな楽団員たちが奏でる魂の音色が、世界をつなぎ、そしてマイクを通さない人の温もりのある演奏が心に響く、その珠玉の瞬間を描く、『アンダーグラウンドオーケストラ』の巨匠エディ・ホニグマン監督によるロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団初のドキュメンタリー映画。

スタッフ

監督

エディ・ホニグマ

キャスト

  • ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽

作品データ

  • 2016年1月30日より渋谷ユーロスペースほか全国にて公開
  • 原題Om de wereld in 50 concerten
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2014 Cobos Films & AVRO
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top