ドキュメンタリー 『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』作品情報

2019年6月8日 公開の映画作品

あらすじ

19世紀末ウィーンを代表する画家グスタフ・クリムトとエゴン・シーレ。人間の不安や孤独や恐れを、世紀末的官能性のなかで描いたその作風は、今も色褪せることなく輝きを放ち、人々の心をとらえ続けている。  本作『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』は、その没後100年となる2018年に製作された注目の美術ドキュメンタリー。豊富な映像資料で、クリムトとシーレが生きた19世紀末ウィーンに花開いたサロン文化と、彼らの愛と官能性に満ちた絵画をつまびらかに見せつける。その精密な絵画の世界は、我々見るものを、いつしかウィーンの世紀末にいざなってゆく。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

  • 『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』予告 『クリムト エゴン・シーレとウィーン黄金時代』予告

スタッフ

監督

ミシェル・マリー

脚本

マリアナ・マレリ

キャスト

  • ロレンツォ・リケルミー
  • リリー・コール
  • 柄本佑ナレーション

作品データ

  • 2019年6月8日よりシネスイッチ銀座ほかにて全国にて順次公開
  • 原題KLIMT & SCHIELE EROS AND PSYCHE
  • 製作年2018
  • 製作国イタリア
  • 上映時間94分
  • 映倫区分
  • 配給会社彩プロ
  • クレジット© Belvedere.Wien
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top