ミステリー 『ボーダー 二つの世界』作品情報

2019年10月11日 公開の映画作品

あらすじ

税関職員のティーナは、違法な物を持ち込む人間を嗅ぎ分ける特殊能力を持っていた。ある日、彼女は勤務中に奇妙な旅行者ヴォーレと出会う。ヴォーレを見て本能的に何かを感じたティーナは、後日、彼を自宅に招き、離れを宿泊先として提供する。次第にヴォーレに惹かれていくティーナ。しかし、彼にはティーナの出生にも関わる大きな秘密があった――。

cocoレビューを見る

予告動画・特別映像

  • 『ボーダー 二つの世界』予告 『ボーダー 二つの世界』予告

スタッフ

監督 ・脚本

アリ・アッバシ

キャスト

  • エヴァ・メランデルティーナ
  • エーロ・ミロノフヴォーレ

作品データ

  • 2019年10月11日よりヒューマントラストシネマ有楽町・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて公開
  • 原題Gräns
  • 製作年2018
  • 製作国スウェーデン、デンマーク
  • 上映時間110分
  • 映倫区分R18+
  • 配給会社キノフィルムズ
  • クレジット©Meta_Spark&Kärnfilm_AB_2018
  • 『ボーダー 二つの世界』劇場情報はこちら
ジャンル
感情タグ

『ボーダー 二つの世界』関連記事

『パラサイト』『ジョーカー』『万引き家族』…格差社会への痛烈批判が共通テーマに 画像
スクープ

『パラサイト』『ジョーカー』『万引き家族』…格差社会への痛烈批判が共通テーマに

来る第92回アカデミー賞でも有力視されているポン・ジュノ監督最新作『パラサイト 半地下の家族』は、近年、名匠や気鋭監督たちがこぞって取り上げる国境や人種を越えた共通のテーマをはらんでいる。

『ボーダー』公開記念!『ぼくのエリ 200歳の少女』1週間限定上映 画像
洋画ニュース

『ボーダー』公開記念!『ぼくのエリ 200歳の少女』1週間限定上映

カンヌ映画祭を震撼させた、美しくも切ない究極の北欧ミステリー『ボーダー 二つの世界』の公開記念として、同じヨン・アイヴィデ・リンドクヴィスト原作の小説を映画化した『ぼくのエリ 200歳の少女』の限定上映が決定した。

特殊能力を持つ主人公から目が離せない!『ボーダー』新場面写真独占入手 画像
洋画ニュース

特殊能力を持つ主人公から目が離せない!『ボーダー』新場面写真独占入手

『ボーダー 二つの世界』から、主人公ティーナの様々な表情を切り取った新場面写真がシネマカフェに到着した。

『ぼくのエリ』の衝撃再び!北欧スリラー『ボーダー 二つの世界』完全版で公開決定 画像
洋画ニュース

『ぼくのエリ』の衝撃再び!北欧スリラー『ボーダー 二つの世界』完全版で公開決定

昨年の第71回カンヌ国際映画祭で最も話題となったスウェーデン作品『Border』(英題)が、邦題『ボーダー 二つの世界』として10月11日(金)より全国で公開されることが決定した。

page top